創作塾  メンバー各々が先生役で自分の得意な趣味をメンバーに、教えあい作ることの喜びを共有しています。
趣味の世界:盆栽、茶道、竹細工、ストロー細工、革工芸、布アート、絵手紙、版画、手打ち蕎麦、パソコンetc
トップ
Wat'sNews
スケジュール
創作塾
農楽塾
食彩塾

おまけ
メンバー紹介
レシピ
ブログ
2007年
活動記録
2008年
活動記録

2009年
活動記録
2010年
活動記録
2011年
活動記録
2012年
活動記録
11月16日
今年は冬の前触れが早いので早めに雪囲いをしました。青空のもと手際よく作業が進みました、これでいつ雪がきても大丈夫です。都庵は雪の間しばらくお休みです。

10月5日
 最近身近になったタブレットパソコン、ipad(アイパッド)の講習会を行いました。今日の目標は「私でも使えるかも」 
キードードが無いので、どこを押しても壊れるかなといった心配が要りません。自分の指と音声でほとんど操作ができてしまいます。
写真はみんなでipadで撮影したものです。GoogleMapで操作のお勉強(指がマウスの役目)、カメラで撮影、アルバムをスライドショーで見る、google検索は音声で検索します。結果も音声で教えてくれるまで進化してます。マロングラッセの作り方・・・YouTubeで自分好みの映像をみる、やはり悠遊会「石原裕次郎」を出せとのリクエスト。なんと頭川地区もストリートビューに登録されてます、なんと、みや子さんが家の前に映ってました!( ..)φメモメモ (@_@)

触ってみましょう

みんな本のように使えています!

ストリードビューに、みや子さんが映ってます!

会長も真剣にお勉強!

私でも出来そう!

はーい。ポーズ。カメラにもはやがわり。
7月20日
 何年ぶりに悠遊会のTシャツを藍染で作る。いろいろ個性豊かたシャツが出来ました。次回はこのTシャツをきて記念撮影、出来上がりをご期待ください。
7月6日
 来週里山交流センターで藍染体験を行います。今年で3年目かな。少し模様の研究をしておこうとメンンバーに模様のサンプル作りをしてもらいました。それでみんなで模様の検討会をしながら藍染を楽しんでいたら次回は悠遊会のTシャツを作ろうということになりました。前回は出来上がりをイメージ出来ずに染めていましたが、模様の出来方は少しはわかってきました。

あんまり締めがきついと中に色が入らない

均等に染まってます、糸で縛った方が良いかも。

角を輪ゴムで止めてみました

もっと割り箸細くていいかも
4月20日
 山は春になると下草と言って雪の下から草や細い木がグングン伸びてきます。それを刈ってやります、また竹の林では雪で折れたもの細い竹なども切ってやりことが山の整備となります。それと2008年にキノコの菌をいれた原木の棚が壊れてしまいました。それで修理を行いました。

さっさと会長が細い竹を切っております

下草を刈る人、竹を集める人

崩壊したキノコの棚

竹が青々としてきました

竹の子があちらこちらに顔を出しています

こしあぶら発見、天ぷらにするとおいしい

上の緑、タラノメもどき×、下の茶色葉がタラノメ

昨年の竹のチップの中にカブトムシ幼虫が

育てます目標400匹集めました

棚を新設しました

老木となった原木

わらびも顔を出してます
3月23日
 本日の活動は椎茸の原木を山から切り出し、菌を詰める作業です。最初5年前は、会長の竹林の上の材木を切りだしたので下に降ろすのにワーヤーを張ったり苦労して原木を降ろしました。2週間かけての作業となりました。今回はそんな訳で材木も切りだししやすい場所の適度な大きさの木を使いました。とはいえ1mぐらいだと下の部分は一人で持つには重くて無理。約50本の原木を切りだし、菌を埋めました。匠亭では障子の張り替え作業が先週から続いております。

原木を1mぐらいに切っていきます

場所はわりと平らなので作業はしやすかった

大きな材木は二人がかり


力持ち2本抱えています

第1班搬送 匠亭前へ

会長は元気!チェンソーと材木が似合う

現場はこんな場所です平らとはいえ・・

黒モジの木(楊枝にします、いい香りがする)

キブシ 黄色で遠くからみるとぶどうの房みたい花

木々の下にはショウジョウバカマが咲いてました

原木に穴をあける

菌を埋め込み、たたく

部屋での障子貼り作業、左側道具もなかなか。

こちらの道具箱もすごい、ここの先代宮大工さん
3月16日
 昨日今日とよいお天気が続き温かいです。今週は木曜日以外は昼間10℃を越えています。15日は午後から大豆を洗い一晩水に付けておきます。16日には朝6時から釜に火を入れて約5時間炊きます。大豆は、後はミンチにして、麹、塩、煮汁で混ぜ合わせます。夏が過ぎたころから食べることができます。

空には雲ひとつない気持ちの良い青空です

大豆を洗って水に一晩付けておきます

お釜4つで炊きます

ほんと良いお天気、まぶしい!

釜に水が入りました

あんころ食べ食べ頑張りました

朝の6時から炊いております

豆の体積は3倍ぐらいに膨れています

匠亭の正面屋根、青空がいいです

梅のつぼみが膨らんでます

松葉も元気に天を向いています

焦げないように混ぜております

ほどよく煮えてきました

いよいよ豆をあげています

豆をミンチにしています

豆と麹、これに塩を足し煮汁をいれる

混ぜるとこんな感じです

部屋中の桶が手際良く味噌に

このレシプで3年間作っています、美味いです

手際良く、もうかたずけに入っております

昨年菌をいれた椎茸

匠亭の前の竹林の中

順調に育っています
3月2日
 匠亭の障子の貼り替えを行います。平地ではもう雪はありませんが匠亭の前には屋根から落ちた雪がまだこんなに残っていました。とはいえ今年は屋根の雪も降ろさなくよかったし例年からみるとかなり少ない量です。雪囲いも取り外しました。次回は味噌作り、朝から昼ぐらいまで豆を煮るので燃料の薪の準備をしました。中では障子の貼り直しと前回貼り直したコロコロの灯りを取り付けしました。

玄関前にはまだこんなに雪があります

とはいえ例年からすると、ほんとに少ない

雪囲いを外して納屋に

力任せにエイ、いつも元気です

楔で木を割る作業

力自慢三人衆、頑張れ頑張れ

襖がお知らせ掲示板でした

何年ぶりに障子が顔を出しました

襖の取っ手を外しています

丁寧に紙を外しています

新しい障子の準備 刷毛で障子の貼り直し

なかなかいい感じです

真新しい灯りが戻りました

2月2日
 匠亭の入り口の明かりが今回の行燈です。これは田んぼに稲を植える時に使っていた、コロコロに和紙を貼り中に白熱電球を入れて製作したものです。和紙が傷んできたので和紙と切り絵の貼り替えです。一人一人が作品のどこかにかかわることで愛着のある作品が出来上がります。今回は前回から老眼が進んだためか目が霞むなど言い訳が多くなってきました。でも楽しい工作の一日でした!

紙が破れたり電球が切れています

懐かしいコロコロ、和紙を剥がしてます

切り絵の絵柄、野菜、鳥、昆虫、魚・・・

久しぶりに真剣な顔で取り組んでいます

一枚は自分の切り絵があると思い出になります

ホローの部分はどう残すか悩んでいます

和紙の貼り替え

老眼をものともせずに頑張るジジ軍団です

やるときはやるんです

少しづつ仕上がってきました

素晴らしい出来栄えでしょ

出来上がった作品を前に品評会?


記念撮影をすることにしました

いい感じですね
1月19日
 本年最初の活動は「初釜」から。とは言え茶道の心得があるのは数名で、悠遊会としてはお茶を味わうことで、日本古来の心、和やかに、仲間の絆を高めまた一年みんな健康で悠々と四季を楽しみましょう。

和敬清寂

椿とねこやなぎ

茶道部 準備OKですか?

お茶を待つ間も何故か神妙なおももちに

お正月 定番 花弁もち

主人のお手前

水屋のみなさんご苦労さまでした

使用後の茶器を洗っている裏方さん

和やかさが伝わってきます
1月1日
 新年、あけましておめでとうございます。m(__)m  2013年みなさまにとっても日本にとっても明るい素晴らし年にしませんか。
いつも笑顔でありがとう  今年もメンバーの年賀状 手作り作品、縁起物、の紹介です。

会長の新年のご挨拶です よろしく

昨年エベレストの麓まで行ってきました

昨年完成した新湊大橋と海王丸

年男です今年も元気に走り回わります

サイクリング 街角で会ったら声かけてね

ここまで手で書くあなたは偉い
TOPに戻る
戻る   2012年  2011年 2010年  2009年創作塾 2008年創作塾  2007年創作塾