創作塾  メンバー各々が先生役で自分の得意な趣味をメンバーに、教えあい作ることの喜びを共有しています。
趣味の世界:盆栽、茶道、竹細工、ストロー細工、革工芸、布アート、絵手紙、版画、手打ち蕎麦、パソコンetc
トップ
Wat'sNews
スケジュール
創作塾
農楽塾
食彩塾

おまけ
メンバー紹介
レシピ
ブログ
2007年
活動記録
2008年
活動記録

12月24日
 天気予報は見事に外れて日差しが出て素敵な冬の青空に雪に映えますます青みを増しています。いよいよ2011年最後の活動の「正月用、餅つき」です。
昨日からもち米を洗い準備万端、火もすでに燃え上がっております。餅付きの様子や草餅作りの映像は下記リンクから観てください。

青空が広がっています気持いいです

ファイヤーマンすでにスタンバイ

餡子の準備も順調に進んでいます

餅米を蒸す準備中

セイロが窯の上に、餅米が蒸されていきます

こちらは餅を付く係 画像はこちら

付かれた餅は、袋に詰め「とぼ餅に」 映像はここ

草餅を作っています  映像はこちら

こちらは鏡餅

外もお天気で作業が順調に進んでいます

作業のかたずけも手慣れたものです

みんなの餅が出来上がりました
12月3日
 畑から運んで来た野菜を水洗い、メンバーで山分け作業に入る。その後、冬支度、雪囲い開始。この辺は雪が多く、下の写真の手摺は昨年一部雪に押され倒壊したほどである。そんな訳で厳重に窓の周りはトタンで囲む。でないと雪に押されガラスが割れてしまいます。早いもの今年ももうすぐ終わりです。

冷たい雨と水をかぶりながら山分け作業

男集はそのまま雪囲い開始

会長みずから作業、手空きは口で応援か?

次々にトタンを止めていく、この辺は雪が多い

山間の白い雲の下は高岡の町並

空は一面の雲
11月19日
 昨日から雨が降り続いております、これではさすが農作業は無理、朝から都庵にこもってお話をしております。ウッちゃんが待望のIpad2を購入したようで、みなさんにお披露目、これまでの登山の写真や現在制作中の年賀状の作り方を説明しております。なんでも手書きでIpadで作るそうです。来年の干支は辰なので版画を彫るにも少し細かい作業となりそうです。

ipadで制作中の年賀状を説明している

みなさん冬の装いに変わっております

来年の年賀状はどれにするか悩んでおります

版画の作りかたのマニヤルを再勉強中

最近みなさん近眼が進んでおります

まずは腰をすえてお話中
10月15日
 少し御無沙汰していた創作塾、暑さもおさまり、今日はのどかに、お抹茶を頂きました。最近はお抹茶が出てくる場もいろいろあるので、お作法をマスターしておくというのが狙いです。歳をとると正座もきつい人も何人か出てきておりますが気持ちはピーンと張りつめて人生を楽しみましょう。

素晴らしいお手前です

慣れないお作法でお茶を運んでおります

マーちゃんは初参加、心持緊張しております
正座をすると気持ちがピーンとしていいですね
お菓子をまずは、ひとつ
10月8日
 ふるさと協力隊のマーくんがこの地方の秋祭り、獅子舞に参加しました。2週間の特訓を受け、獅子頭を一応舞わせるようになったようです。そんな訳で獅子舞を舞わすのも初めてなら、獅子に花を打つのも初体験です。

村の青年団に仲間入り

いよいよ獅子頭を持って出陣

みんなの声援を受け頑張りました

こちらは家主として獅子のお出迎え

激しく舞っております

舞った後、息が上がっております
頭川青年団獅子舞 画像は左から 獅子舞口上 マーくん獅子舞

獅子と天狗の鬣 迫力満点

天狗の躍動感がいいですね

獅子が暴れています
6月18日
 朝から雨が降り出しました。じゃがいもの収穫予定だったのですが、これでは収穫できません。そんな訳で今日は午前中はみんなでお食事準備、午後からはお抹茶を楽しむこととなりました。雨を予測していた訳ではないのですが、今日の昼食は、手打ち蕎麦を予定していたので、丁度よかったのかも。シノちゃんの指導の元、蕎麦をこねる人、打つ人、蕎麦用の天ぷら作る人に分かれ、美味い蕎麦が出来ました。午後からは久しぶりお抹茶を心静かに頂きました。生憎のお天気でしたが和気あいあいと、ゆったり楽しんで一日でした。

蕎麦をこねる人、打つ人、見守る人

お釜で豪快にじゃがいもを茹でています

ホクホクのじゃがいも

こちらは天ぷら係

じゃがいも掘りに、お客さんが・・

蕎麦を伸ばしています

食卓に御馳走が並びました

まずは奥様方から頂きま〜す!

殿方は後から

初体験 マーちゃんの蕎麦打ち

こねた蕎麦を切っています

茹で方を習っております

いよいよ試食、美味い!

午後はお抹茶

この静から雰囲気がいいです

お手間中、イッちゃんこの時は厳しいよ

マーちゃんここも初体験

おいおい、一気飲みをしなくていいの

続いて女性陣

熱心にお手前の練習

心静かに瞑想にふける
4月16日
 天気予報どおりに朝には大粒の雨が降りました。今日はじゃがいもの植付だったのですが土がぬかるんで中止となりました。9時には雨も小粒になり、男性陣は予定どおり竹林の整備を行いました。竹林整備とは下草刈り冬に倒れた竹の伐採、間引きをして筍が育ちやすい環境に整えてやることです。切った竹はチッパでチップに粉砕します。切ったままでは土に戻るのに数年かかります。チップだと2年ほどで土に戻ります。また山にチップを置いておくとカブトムシがサナギを産みつけます。たくさんのカブトムシの幼虫もゲットしました。今年は冬が長かった為か、もう竹の葉は少し黄みがかっています。
なお今日から一年「ふるさと協力隊のマーくんが悠遊会の活動に参加することになりました。高崎生まれての好青年です。
都庵ではイッちゃんとコンちゃんの二人の職人さんはトイレ工事今日のメインは配管工事だそうです。

参道を登っていくチッパ

粉砕する時はすごい音がしますのでヘルメット

メットには耳栓用のヘッドが付いてます

雨の中、みんな一所懸命がんばっています


彼がマーくんです

チップの中をゴソゴソ・・・

チップの中のサナギ

カブトムシ牧場へ移しました

下草も刈り取り整備されてきました

今年の竹は、もう黄ばんでいます

いろいろ道具が出てきます

仕事は道具だと言ってます

こちらもきれいなトイレに変身しました
4月2日
 今年悠遊会の匠亭に「地球緑化センター」の活動の中で「緑のふるさと協力隊」のメンバーが一人、この地で一年間生活することになりました。そんな訳でトイレを修理することになりました。これまでのトイレは昔ながらの「ぼっとん便所」で暗かったのですが水洗洋式トイレとなりました。床も豪華な木のむく板に張り替え、トイレ横に窓も付きトイレの中も明るくなりました。これもすべて悠遊会メンバーの自作です。
3月26日
 3月の第4週だというのに朝から小雪が舞っています。昨日から大豆を洗い準備をし今朝は、朝の6時半から大釜4つに火を入れ大豆を煮ています。大豆は指でつまんでしっとり潰れるぐらいまで煮込みます。今年で3年目なので味噌作り方もメンバー統一基準となり作業も分担制、燃焼補充、火力調整、アク取り、ミンチ係、大豆・塩・煮汁を混ぜる、と手際よく進みました。一度温度を下げてから更に麹を加えよく混ぜます。その後上にビニールシートを張り空気と遮断、ビニール袋も空気を抜いて縛る。その後、半年をほど寝かせるとおいしい味噌となります。麹が十分入っているので、おいしい味噌と非常に好評です。

大釜の中で大豆がぐらぐら煮立っています

大釜4つで大豆約100kgを茹でています

釜の下では燃料補給班が薪に準備

煮立った大豆はミンチ状にします

桶にビニール袋2重にしてミンチ大豆を入れる

塩を入れる

煮汁を入れる

よく混ぜる(熱いので木べらで)

人肌まで温度が下がったら麹をいれる

とにかくよく混ぜる(雑菌が入らないよう注意)

空気にさらさないようビニールシートをかける

使った後はきれいに掃除

麹屋さんに釜を返す準備

前の畑にはまだ雪が残っています

横の杉にはスギ花粉が一杯まだ付いてます
3月5日
 降っていた雪もやみ、今朝は久しぶりに青空が広がっています。晴れた日の山の景色は素晴らしい、空は一年で一番青く澄んでいます。2月は活動が休止だったので久しぶりに再会し囲炉裏を囲んで近況報告会と次回の打合せを行いました。まだ雪がやんだと言ってもこの状態なので次回は第3週ではなく4週の土曜日曜日で味噌作りを行うことに決まりました。今日の話題はオーロラについてあまり静かなのでほんとに見えたんかいなど、新しいニュースとして4月から体験農園として一年間高崎から若者がやってきます。この匠亭で一年を過ごすことになるのですが来年はこんなに雪がなければいいですね。とは言え雪が降ればメンバーが応援に来ますの心配せず、この地を堪能してください。自然が近くに感じられ、人はやさしくいいところですよ。

青空と匠亭

屋根まで雪が残っています

梅の枝が大空に向かって元気に伸びています

屋根の雪もほぼ消えました

道もほぼ雪が消えました

道沿いの杉の木からも雪が溶けて落ちてます

玄関前にはまだ雪がこんなに残ってます

水道栓はまだ1mほど雪の下

屋根と道の雪を見るとまだまだありますね
2月5日
今年は例年にまさる大雪です。このままでは匠亭、都庵ともに雪で潰れそうそうです。又、この活動拠点は山の入口にあるのでこの雪ではメンバーの車の駐車場も確保できる状態ではありません。そんな訳で緊急招集がかかり屋根の雪下ろし作業となりました。悠遊会、悠遊塾のメンバー、さらに匠亭、都庵の息子達も応援にかけつけてくれ男10人で約2時間かけての雪下ろしでした。もう屋根と下がつながっているので下ろした後の始末がさらに大変でした。

会長宅の玄関前、外への出口がふさがりました

小屋根まで雪がとどいてしまいました

庭の木がうもれてました

匠亭 雪がつながってしまった

屋根の雪が下の地面とつながりました

こちらは都庵前

こうやって見ると大屋根は結構高い

恐る恐る様子を確認

下ろした後の片付けが一層大変なんです

屋根の上から

助っ人息子、頑張ってます

無事作業は終了、御苦労さまでした
1月1日
 新年明けましておめでとうございます。m(__)m
2011年もますますみなさまに幸せが訪れますように祈っております。メンバーの手作り作品、縁起物、年賀状の紹介です。

門松も正月の雪にビックリしているようです

門松できましたか?我が家の門松でーす(*_*)

新しい家に、お伊勢さんの注連縄を飾りました。

陶芸の作品にお正月の花

頭川神社に初詣、雪で覆われています

TOPに戻る
戻る  2009年創作塾 2008年創作塾  2007年創作塾