創作塾  メンバー各々が先生役で自分の得意な趣味をメンバーに、教えあい作ることの喜びを共有しています。
趣味の世界:盆栽、茶道、竹細工、ストロー細工、革工芸、布アート、絵手紙、版画、手打ち蕎麦、パソコンetc
トップ
Wat'sNews
スケジュール
創作塾
農楽塾
食彩塾

おまけ
メンバー紹介
レシピ
ブログ
2007年
活動記録
2008年
活動記録

12月20日
 悠遊会の今年の活動も餅付が最後の行事です。ところがあいにく北陸地方は一昨日から雪が降り続いています。大雪になると、この場所には一般の車両では登りきれない坂があります、みんな乗り合わせで集合、着くなり駐車場の除雪。ほんと2009年の悠遊会は雪で始まり雪で終わりました。天候には恵まれない一年でしたが仲間には恵まれ新メンバーも加わり和気あいあいに、あっという間の一年が過ぎて行きました。
 餅付に新兵器が登場が加わりました、餅屋さんが使っておられた餅つき機を頂戴しました。高齢を迎えていく我々にとってとても頼れる助っ人となりました。ところが大雪で電線に木が倒れ臨時停電が発生しました。お陰で人力による例年恒例餅付も楽しむことが出来ました。無事23臼付きました。
火起こし班教訓
火を起こす三つの条件 燃やす燃料、酸素、環境温度
冷えている燃料を直接火の中に入れると火力が落ちます、事前に火の周りで保温してくめると火力が落ちません! 鼻水と涙の教訓

まずは家の前の雪かき

薪の倉庫の前のこれでは搬出できません

雪の中、火起こし班は蒸篭の火起こし

餅米23樽が外に準備されてます

外はあまりの雪がテントが準備されました

昨晩から冷やしたあった餅米の水を切る

餅米をせいろに詰める

台所では防寒着を着込んで餅付下ごしらえ

こちらは仲良く昆布を切る係

昆布も等分に袋詰め

納豆餅の準備のようです

黒豆、なかなかきれいですね

付き上がった餅はビニール袋に詰めのし餅入れの中で伸ばす

豆餅もきれいに出来ました

座敷には出来あがった餅が次々に並べられました

餡子餅の製作中、出来たてはおいしい・・

餡子は、たっぷりのせましょう

仲良し囲炉裏の番、係

停電により人力餅機、ウッちゃんの登場

餅付仲良し夫婦、ミッちゃんも杵でエィ!

こちらも負けずにドスコイ・・・

餅付班打合せ

付くのは機械、人は手返し専門

杵に餅が・・

会長、俺もやりたいと参加

別棟ではミニ門松の下準備

いよいよ門松正月がま近かです
12月13日
 水曜日頃から雪マークが付いています。今日の仕事は冬に備えての雪囲いと薪作りです。都庵と匠亭に分かれそれぞれ冬支度。雪囲いは今年で3年目なので手際良く作業は進みましたが、薪割りは悪戦苦闘、シャンクが多くついに斧が折れてしまいました。(^_^;) 匠亭の前の松と梅は雪吊りも終り冬支度も無事終了しました。

匠亭側面

匠亭正面は立派な雪囲い

薪割り班、エイーとばかり斧を降るウッちゃん

この後、斧の柄を折る

都庵では骨組み中

3人がかりで悩んでおります

来週の餅用のバケツ洗い

外の洗い場に蛇口を作る工事中、コンちゃん

しばしの休息

こちらは雪吊り作業

門松のサンプルが出来ました
11月8日
 いよいよ今年も残すところ2ケ月、年賀状の季節が訪れました。恒例となった版画作りを開始しました。メンバーの一部は彫刻刀は苦手と剪定ばさみを持ち出し庭の剪定作業に汗をかいております。みんなが思い思いに昼食後の一時を過ごしています。

早々と彫刻刀をふるう会長

シノちゃんは剪定ばさみをチョキチョキ・・

縁から応援隊、イチちゃん、レイコちゃん

こちらは真剣そのもの、ひたする彫る

横ではトヨちゃんひらすま中

ミヤコさんは一所懸命彫る、おさぼり男衆
戻る
10月25日
 本日は前回染められなかったメンバーを中心に染めを楽しみました。絞りがメインですが型押しなどいろいろな作品が出来てきました。棒巻き絞りを試してみました、雲がつらなったような雰囲気でたいへん気にいっています。

絞りや文字など各々が思考をこらしてデザイン

染めの準備中

絞った布はこんな感じです

いよいよ絞りも凝ったものが出来てきました

棒巻き絞り、雲のようないい味が出ています

「悠」文字染め
9月27日
 悠遊会メンバーのバンダナを藍染で作りました。綿ローンの生地を一度糊落としの為、お湯で煮てから、それぞれの思いで絞ったり板に挟んだりするとこんな模様のバンダナだ作れます。さっそく長老お二人がモデルになってくれました。染めている間、前回から続いている匠庵前の松の剪定をシノちゃんが剪定中お腹も膨れポカポア陽気で寝てしまったので会長が後を引き受け剪定してます。

いろんな模様が染めあがってきました

染物初のマコトちゃんが干し方班長

絞り過ぎてほどくのに苦労しているタカちゃん

傘がお似合い。緑と空とタケちゃん

このまま高町に行くと言っておりますセノちゃん

たいへんお若く見えますですサッちゃん
9月13日
 雨の中で大根の種蒔きで時間が取られ過ぎたので藍染をこの次となりました。そんな訳で男性陣は匠庵の前の松ともみじの剪定勉強会をしました。女性陣は山へミョウガ採りとなりました。午後からはきれいな青空が顔を出してきもちの良い秋晴れとなりました。

もみじの新芽が伸びています

秋の訪れ赤く染まって青空に映えます

松の剪定開始

剪定指導中の両先生

心配そうに見つめるコン先生

下から昨年の枝を落としています

左側剪定済み、右側剪定前

ミョウガの茂みに突入女性群

トラックの荷台に乗って無事帰ってきました
花と木へ9月13日
8月9日
 創作塾今日の題材は「瓢箪」です。昨年畑で育てた瓢箪を使って光のオブジェを作りました。瓢箪の皮から浮かび上がる光と漏れる光がとても幻想的です。女性陣にはこれを飾る座布団を作ってもらいました。

瓢箪に穴を空ける

各々おもいおもいの穴あけ

こちらはノコギリでカット中

ひよこのオブジェを作ると言っております

瓢箪の座布団制作の女性陣

アイロンかけ

瓢箪から漏れる光がきれいです

瓢箪の輝きがいいですね。

瓢箪が光っています
7月25・26日
とやまの森づくりサポートセンター主催の森づくり塾「チェーンソー講習会」に参加しました。開催場所は立山町にある林業普及センターです。あまりに立派建物にビックリ、建物形、構造共に一度見学をお勧めします。さて講習会は朝の8時半から午後5時まで二日間ビッシリの内容でした。久しぶりに6限目まで机に座ってお勉強をしました。大径木等伐木作業の基礎、特にチェーンソーの安全な使い方、ソーチェーンの目立て、伐木作業の注意点、など有意義な講習でした森づくりに励んでいるメンバーの方は是非参加するといいですよ。

森林研究所入り口

ユニークな形の木造建築です

チェーンソー片手にやるき満々

イメージトレーニング

隣接する温室、形がとてもユニークです

ホールのトラスの天井

労働安全衛生法のお勉強から

いよいよチェーソーの講習

伐木講習ビデオ

ソーチャーンの刃いろいろ、手前超鋼の刃

目立て用、小道具

やすりの角度30°アングルプレート

二日目いよいよ目立て実技

雨の中も真剣に目立てに励む

いよいよ伐木実習 受け口カット

木が倒れるとこんなに前に飛び出す

受け口とつるの関係

立てた木も切れるようになった
7月12日
 みなさんポン菓子って知ってますか、私の小さい頃はリヤカーに機械を付けたおじさんが来たんですけど。回転式の圧力釜に米を入れ温め加圧(10気圧)ぐらいにしてハンマーで釜を開けると原料内部の水分が急激に爆発して釜から米がボーンと音を立てて飛び出してくるやつです。その米に砂糖をお湯で溶いた飴をかけます。それと今日は納屋にしまってあった高御膳をきれいに洗い棚を修理しました。メンバーの数は御膳があります。

中心部が回転してバーナーで釜を加圧してます

いよいよハンマで釜を開けます

米の水分が一気に放出この後煙に包まれる

ポン菓子がザルの中に飛び出してきます

水飴を入れながらよく混ぜていきます

色とりどりのポン菓子ができました

今日のお土産はポン菓子

昔家にあった高御膳、洗っています

棚の補修中

御膳と器がきれいになって収納されました

メンバーの数は御膳があります

土間には餅つき機がセットされました
6月28日
 畑や活動部屋のまわりに咲いている花、収穫した野菜を題材に「絵手紙」です。テーブルの上には色とりどりのお花が私を描いてと並んでいます。一生懸命に絵を描く一時も心が安らいでなかなかいいです。是非皆さんもたまには絵を描いてみませんか。

花の題材がテーブルに並びました


こちらは花を

パステルカラーで仕上げています

紫陽花いい感じです

みんなの作品はここに展示してあります
6月14日
 絵手紙の予定から急きょ、クラフト工房に変更になりました。今日の題材は「十字の花」、めしべの作り方が難しいそうです、それでもみなさん時間内に無事完成しました、男子はその間、外で井戸端会議、庭の剪定と思い思いに仲間と交友を楽しみました。

十字の花(一般的にはどくだみ)

まずはめしべ作りから

苦心のすえ出来あがってきました、kgood

外では会議中

もみじの剪定

さつきが可愛く咲いています
5月24日
 革工房は自分の愛用品に革のケースを作る。パターのヘッドカバー、愛用の小刀のケース、前回の筆箱の続きと人それぞれ作品を作って楽しみました。

今日の題材

筆箱の側面は現物合わせで細かい仕事

会長はパターのヘッドカバーを作っている

小刀のケース、腰に下げます

大体の形が出来てきました
TOPに戻る
4月26日
 匠庵、和風の飾り付けが追加されました。先日陶芸教室で作ったみんなの作品も焼きあがってきました。
今日の創作塾はストロー細工と切り絵となりました。アベちゃんがシゲちゃんに弟子入りストロー細工の特訓中です。ストロー塾は子供たちに人気があってボランティアで教えて行っていまし、イベントではたいへん大人気で多くの誘いが来ております。

花がいっぱい描かれていく大扇子

きれいな和服が飾られました

陶芸作品が焼きあがってきました

ユキ作 電灯の傘

切り絵にチャレンジ

海老作りに悪戦苦闘中
4月12日
 竹の粉砕がまだ残っているので2回目のチップ作りです。この機械は竹や杉の木をチップ化してくれます。竹は中が空洞なので粉砕するときは、大きな音がします。そんな訳でヘルメットにはヘッドホーン型の耳腺が付いています。

防御用のネットと耳腺付きのヘルメット

チップ化された竹が勢いよく飛び出してきます

この機械の優一の弱点は移動が遅い

仕事後の一服、暑いので水分補給

その横で竹の子発見

こちらは二つ並んで顔を出してます

手入れをしても、まだこんなに竹が・・・

竹の横にタラの芽も発見
TOPに戻る
3月22日
 昼からは茶道の練習、新しく茶道用の釜を購入しました。さすが悠遊会自分の数寄屋袋を作ってこられた。今日は一人でお手前の練習が行われたが、なにせ初めてしどろもどろの練習日にみんな冷や汗!
それと2月14日陶芸教室で作っていた作品が届いた。初めてにしては上出来な品々が並んだ。

釜の使い始め

椿が一輪

手製の数寄屋袋

道具が並べられた

今日から生徒がお茶をたてる ミッチャン真剣

次は私の番とみなさん真剣なまなざし

タケちゃん作 焼酎カップと盆栽鉢

ノン&ミッちゃん作 大皿と湯呑、小皿
3月8日
 森林ボランティア活動として、これまで伐採してきた竹をいよいよチップにします。県からチップ粉砕機がきました。なんとおまけに「悠遊会の活動」の旗もきました。粉砕するとバリバリ大きな音がするのでヘッドフォン付きヘルメットも付いていました。いつもは午前中が山の仕事、午後から趣味の世界なのですが、あまりの竹の量に昼食時間以外は朝の9時から午後3時まで一生懸命粉砕しましたが、全部を完了することができませんでした。いや〜ほんとに疲れた一日でした。

悠遊会の旗とヘッドフォン付きヘルメット

これが粉砕機です

左下のレバーを下げると竹チップが出てきます

前から竹を挿入、チップが出てくる

竹は入れても入れても、まだまだあります

坂道での作業は疲れました

竹チップ

あちこちに竹チップの山ができました

竹チップ粉砕機を囲んで記念撮影
TOPに戻る
2月15日
 今日は南風が吹いて日中は20度ぐらいになるそうです。ぽかぽかお天気の中、竹林の伐採作業を開始しました。最近山の手入れをする人がいないので山は荒れ放題。竹はどこも密集し雪の重みで折れた竹が道路をふさいでいます。我らが今日伐採している場所は、手入れがいきわたっているところでも、この状態なんです。

倒れかけた竹が一面に広がっています

山の斜面に竹が生えています

みるみる竹が積まれていきます

作業は結構、重労働なんです

猛牛のごとく竹を運ぶヒロちゃん

密集地で竹を切り悪戦苦闘のウッちゃん

休憩・休憩、ドリンクをギュと飲み干す

長くて取扱いが大変なんです

チップ粉砕機搬入道路工事中、シゲちゃん
2月14日
 活動の夢のひとつにいつかは陶芸用の窯を作ろうという目標があります。その為にはまず陶芸技術を覚えないといけないということで陶芸教室に通うことになりました。我々が習うことになったのは砺波にある保陶裡窯、新保先生。「まずは体験で覚えなさい」ということで我らが初心者最初から電動ロクロで制作開始となった。初めてのロクロ体験でしたがあの粘土のヌルヌル感は気持ちがいいんです。少しは手伝って頂きました最初としては上出来な作品が出来ました。私が作ろうとしている電灯の傘は背がある程度高いので難度は高いことを体験しました。

泥楽宛 保陶裡窯

早速粘土をこねてもらう

ロクロにセットしてもらう

夫婦仲良く創作開始

お茶の器つくり

湯呑、それらしく出来ています

こちらは粘土をこねて積み上げ


指を揃えると言われるが人差し指と小指が離れる

もくもくと作る会長

本日の作品
TOPに戻る
2月11日
 8日に作った、とぼ餅が少し固くなってきたので今日は餅を薄く切り、ひも(昔は穂で縛った)で吊します。後は各自家に持ち帰り1ヶ月ほど乾燥させます。完全に乾いたら保存します。その後、食べたい時に網で焼く、電子レンジでシン、油で揚げるなどいろいろな食べ方があります。大寒の寒い時期に搗いた餅で作るので寒餅と言うのではないかと思います。

餅切りで薄く切る

餅切り機にはストッパが付いているので均一に切れる


吊るす、ヒモの準備

暖房係は囲炉裏に火をくめる

餅をヒモで結ぶ

色とりどりも餅が縛られていってます

端材を手火鉢で焼き、みんなで味わう

出来あがった寒餅は、ねずみの心配があるので各自家で吊るすことになる

これから磨きに入る木材に値決め

これらを余暇をみて仕上げていく

前の梅の花が一段と開き始める
2月8日
 昨日の天気予報は雪から曇りでしたが、空はコバルトブルーに青く澄みわたっています。まだ2月の初めですがポカポカ陽気の一日ですた。そんな訳でリンちゃんは草の上でうたた寝をしてます。今日の活動は盛りだくさんです。寒餅作りの為の餅つき、部屋の中では転がしに和紙を貼り新しい照明作りに励んでいます。見事な照明が完成しました。食事の後、茶道の講習会も行われ有意義な一日でした。

雪が解け青空が広がっています

リンは陽気につられうたた寝してます

梅の花が咲いてます、春がもうそこまで来ています

まずはもち米を潰す

餅をかる会長

搗き上がった色とりどりの餅

とぼ餅の準備

昆布、黒豆、よもぎ、白豆、コーヒー

一方こちらは転がり照明に貼る切り絵

すずめの切り絵

ついに灯りに光が入りました

照明を前に完成記念撮影

茶道教室 道具の説明

お抹茶は棗に入れる前、まずこすのだそうです
茶巾のたたみ方の練習

今日は各自でお茶を点て頂きました

次回からメンバーが準備

お菓子とお茶碗の置き方
TOPに戻る
1月25日
 昨日から雪が降っています。でもみんな、なんとか活動部屋までは車が上がったようです。今日の題材は女性陣はアートフラワー「椿」「南天猿」、男性陣は木工の「パズル」を製作しました。部屋にはみんなの年賀状作品が飾ってあったのでアップしておきます。

雪道を登る

匠亭の前は雪・雪・雪

小屋からくんせい釜を出す

今日の課題作「椿」

花びら作り

花びらとめしべの部分

花びらにコテをかける

アートグラワー必需品、コテ

花、花びらを付けていく

次々に作品が完成しました

作品を手に記念撮影

猿ぼぼ「ちりめん」で作る、南天の木に乗せる

風船かずらの実が顔の部分

木工パズル 4片の木で下の図形を作る

ここはやはり職人コンちゃんの出番

ピースが小さいので頭をひねるコンちゃん

もくもくとサンダーがけタカかん、あちらではアクビが

おまけの作品「蓮の実に花」

年賀状作品 目出度く鶴、海老、梅、牛

題材は牛、凧、山、各自の個性が出ている

寝正月と海王丸
2009年 1月1日
 新年明けましておめでとうございます。m(__)m
正月バーチャルなメンバー宅の紹介です。各自各様、2009年の福と仲間を迎える思いを込めて門松でお客様をお出迎えしております。
メンバーの版画、年賀状今年はこんな作品です。

タケちゃん宅

シノちゃん宅

コンちゃん宅はペアーで豪華だよ。行くかな・・

ノンちゃん宅

締縄まで作ったコンちゃん

ストローおじさんは、やっぱり得意の海老

山好きウッちゃんは立山連邦

早寝のシノちゃんは今年もコックリ・・・

元気者、コンちゃん夫婦は立山山頂から

盆栽を始めたノンちゃんは春梅

馬力のタケちゃんは今年も元気そう!
TOPに戻る
戻る  2008年創作塾  2007年創作塾