戸出七夕まつり

富山県高岡市が誇る日本一の七夕まつり

戸出七夕まつり

『7月7日は男の子の節句』

富山県高岡市では7月7日は男の子の節句とされています。
男の子のいる家庭では子供の健やかな成長を願い
七夕飾りを作ります。

これは全国でも当地方にのみに伝わる風習で
明治から現在に至るまで受け継がれています。

各町内では住民が協力し合ってそれぞれ
趣向を凝らした大七夕を制作。
七夕コンテストの最高賞「高岡市長賞」を目指して
その出来栄えを競い合います。

戸出七夕まつりは、古い風習と住民の協力とが融合した
全国に類を見ない七夕まつりです。


『日本の七夕の完成形』

私たち高岡市民は、吹き流しや行灯のみが目立つ
他地方の七夕には物足りなさを覚えてしまいます。

竹のしなり具合が考慮され、短冊、提灯、くす玉、吹き流し、
行灯、その他細工物がバランスよく配された
戸出七夕の竹飾りが「日本七夕の完成形」
と呼ばれるのはもっともなことです。

このページのトップ写真からもわかるように
戸出七夕の芸術性は他地域の七夕の追従を許しません。
その美しさは「日本一」とも「世界一」ともいわれています。


『七夕に彩られる歴史街道』

木曽義仲、豊臣秀吉、佐々成政らが往来した
旧北陸道(戸出町メインストリート)
前田利長が全国で初めての参勤交代の際に
通った街道であるともいわれています。

この富山県有数の歴史街道が
七夕まつりの期間中は華やかな
「七夕のトンネル」となるのです。

このページでは富山県高岡市が
その歴史と規模と美しさを全国に誇る
戸出七夕まつりを紹介をさせていただきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【 提灯、行灯に彩られる戸出の七夕は夜が本番です。 】
【 ぜひとも夜間にお越し下さい。 】
【 ライトアップは毎晩22時頃までです。 】
【 こちらをクリックして七夕の夜景をお楽しみ下さい。 】
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


そして、これが戸出名物『七夕のトンネル』です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


★ミ 2017年・戸出七夕まつりマップ(駐車場のご案内) ★ミ

 
 2017年版戸出七夕マップです。(クリックで拡大します。)


 



7/2(日)開催関連イベント

7月2日(日) 11:00〜20:00
  戸出町開町400年記念(戸出七夕通り・報恩寺さま)

  視界いっぱいにキラめく100万個の星々。
  「お寺 DE ぷち プラネタリウム」

   <<リンク>>

7月2日(日) 10:00〜16:00
  城端線開通120周年記念イベント(JR戸出駅・待合室)

  鉄道ジオラマ、戸出駅にまつわる各種資料パネル展示など


以下のイベントについては、戸出七夕まつり実行委員会公式ページをご確認願います。

7月3日(月)

16:00〜 
   YOSAKOI戸出(北町、巴町カラー舗装通り)
   ・参加チーム:天の川、高岡南高校、戸出西部小、戸出東部小

17:30〜 
   YOSAKOI戸出(高岡市商工会前ステージ)
   ・参加チーム:天の川

19:00〜 
   ちんどん(高岡市商工会前ステージ、七夕通り)

19:15〜 
   バルーンショー(高岡市商工会前ステージ)


7月4日(火)

13:30〜 
   園芸講習会 〜秋の寄せ植えつくりについて〜(高岡市商工会館3F)
   ・講習会受講者の方・先着100名に花の苗3種類プレゼント!

18:00〜 
   歌 戸出音楽愛好会(高岡市商工会前ステージ)

19:00〜 
   児童クラブあんどんパレード(戸出西部小〜町内〜戸出コミュニティセンター)

19:00〜 
   バンド演奏 出演:イ・レガーミ(高岡市商工会前ステージ)

20:00〜 
   ヴィオリラ演奏 出演:G・パレット(高岡市商工会前ステージ)


7月5日(水)

15:00〜 
   戸出地区保育園児民謡踊り(高岡市商工会館前広場)
   
17:30〜 
   戸出中学校吹奏楽部・社明パレード
   (戸出西部小〜町内〜商工会館前〜戸出コミュニティセンター)
   ※雨天時は、戸出コミュニティーセンター体育館

18:00〜 
   戸出中学校吹奏楽部演奏(高岡市商工会前ステージ)

18:45〜 
   Kids Dance! 出演:Shining kids(高岡市商工会前ステージ)

19:30〜 
   夢ちゃんと歩くんバンド(高岡市商工会前ステージ)

20:00〜 
   雨空ひばりショー(高岡市商工会前ステージ)


7月6日(木)

17:00〜 
   高岡南高校ダンス部(高岡市商工会前ステージ)

17:30〜 
   高岡南高校吹奏楽部演奏(高岡市商工会前ステージ)

19:00〜 
   カラオケステージ(高岡市商工会前ステージ)

19:00〜21:00 
   民謡踊り街流し
    (戸出西部小〜町内〜戸出コミュニティセンター)
    (戸出2丁目交差点〜町内〜戸出コミュニティセンター)
   ※雨天時は、戸出コミュニティーセンター体育館


7月7日(金)

16:00〜 
   七夕コンテスト表彰式(高岡市商工会前ステージ)

17:00〜 
   バンド演奏 出演:LILY'sほか(高岡市商工会前ステージ)


 <<<2012年の七夕の様子はこちら>>>

日本三大七夕とその他の七夕

 
各地の七夕にはそれぞれ特長があります。
戸出が日本一美しいかどうかはご自身の目で確認下さい。

戸出七夕まつり(といで七夕まつり)

開催期間 7月3日〜7日
主管 高岡市商工会
特長  飾りつけの第一の特長は「赤色のちょうちん」が多いことでしょう。これが仙台、平塚などの他地域の七夕との違いを際立たせるものとなっています。また、竹飾りにボリューム感を出すため「かんざし」と呼ばれる竹を横に通すのも独特です。そのため、戸出七夕の竹飾りはヒラメのように平たくなっています。
 メインストリート(旧北陸道)が江戸時代以来の狭い道幅を保っていることも幸いし、道の両側からしなだれる七夕飾りとちょうちん灯りの趣ある美しさはまさに日本一です。

 江戸時代、習字の上達を祈るための寺子屋の行事として全国的に行われてきた七夕祭りですが、明治維新後、当地方では男の子の健やかな成長を祈って行われるようになりました。
 7月7日、男の子のいる家には親戚が集まり子供の健やかな成長を願いました。その頃より現在のようなちょうちんを多用した飾りとなりました。かつて七夕飾りは町内を引き回され、戸出町がこの地に開かれるきっかけともなった千保川へ流していました。(現在戸出では千保川を新川<しんかわ>と呼んでいます)
 現在でも、商店や個人宅前に「武者行灯」や「金太郎行灯」のついた七夕飾りがあれば、その家に元気な男の子がいる証です。これは、全国でも当地方でしか見ることができない独特の風習です。
 以前は高岡市中心市街地でもこのような七夕が多く作られていましたが現在ではほとんどが戸出地域に残るのみとなってしまいました。

 町を挙げての七夕まつりは1963年(昭和38年)から行われるようになりました。以降年々まつりの魅力は高まり続け、現在では日本海側随一の歴史と規模を誇る七夕まつりとして知られるようになりました。
 町内毎に住民が力あわせて巨大な七夕を制作しますが、これも全て住民の手作りによるものです。各町内住民の知恵と工夫を集結させた七夕飾りは芸術作品へと昇華し、七夕ファンを毎年この地へと引き寄せます。

 七夕の語源は古い信仰行事に出てくる「棚機女(たなばたつめ)」であるとされます。戸出七夕まつりは、江戸時代より八講布(はっこうふ)の産地として全国的に知られ、機織りのまち、繊維業のまちとして栄えてきた戸出町の歴史とも合致しています。

 町内毎に住民が力あわせて制作する大七夕と、一般の家庭が男の子の成長を祈るために作る七夕。この2つの手作り七夕が融合が、えも言われぬ戸出七夕の魅力を醸し出しています。
 まつりのクライマックスは毎年7月6日に行われる「民謡街流し」です。昭和を代表する芸者歌手・江戸小歌市丸らが歌う「戸出音頭」の心地良いメロディーが町中に響きわたり、小さな町ならではのレトロで懐かしい昭和情緒を堪能することができます。
 毎年、富山県・石川県内はもとより、中京圏を始めとした全国からの観光客が「夢のまち(戸出音頭より)」の七夕まつりを訪れます。

 五節句のひとつである七夕は7月7日に祝うことに意味があります。暦の改変や梅雨時期を避けることを理由として、節句と七夕とを分けてしまった例が全国的に多く見受けられます。そんな中、戸出では江戸時代以来「7月7日」にこだわって七夕まつりが続けれています。戸出七夕が「日本で最も由緒ある」といわれるのはそのためです。

 戸出ではこれからも「7月7日」の七夕まつりを後世へと伝えていきます。

美しさ★★★★★
規模★★★★
歴史★★★★★

 

仙台七夕まつり(仙台七夕祭り)

開催期間 8月6日〜8日
主管 仙台商工会議所
特長  2008年、戸出からの視察団が仙台を訪れました。
 ( 視察の様子はコチラ )
 高岡市戸出町に決して引けを取らない、賑やかで優雅な七夕まつりであることを確認してきました。

 高岡市戸出町と日本一を争う仙台の七夕の特長は、飾りつけに和紙を多く使うところにあります。
 「七つ飾り」と呼ばれる短冊、紙衣(かみごろも)、折鶴、投網、屑籠(くずかご)、巾着、吹き流し。和紙で作られたこれらの飾りつけには気品ある趣きを感じます。
 繊細で上品な七夕まつりといえるでしょう。



美しさ★★★★
規模★★★★★
歴史★★★★★

 

湘南ひらつか七夕まつり(平塚七夕祭り)

開催期間 7月7日ごろ(毎年変更される)
主催 平塚市
特長  飾りの豪華さで日本一を誇っています。
 「竹」がほとんど目立たないほど豪華な「飾り」が平塚の七夕の特長です。
 見ているだけでも楽しい気持ちになれる。
 そんな素敵な七夕まつりです。
 

一宮七夕まつり(一宮七夕祭り)

開催期間 7月最終日曜日までの4日間
主催 一宮市
特長  2010年、戸出からの視察団が一宮を訪れました。
 ( 視察の様子はコチラ )

 一宮市は戸出町と同様、織物のまちとして発展してきました。一宮市中心にある真清田神社の祭神は織物の神様として知られています。

 メイン通りの七夕飾りはくす玉と吹流しのみででできていて、竹や短冊はありません。戸出や高岡と比較するとシンプルな飾り付けですが、露店と人の賑わいがまつりを盛り上げます。



美しさ★★★
規模★★★★
歴史★★★★

 

高岡七夕まつり(高岡七夕祭り)

開催期間 8月1日〜7日
主管 末広開発株式会社
特長  高岡市にはもうひとつ、戸出に次いで大きな七夕まつりがあります。それが高岡中心市街地で開催される高岡七夕まつりです。
 
 今では高岡駅前通りに飾られる企業協賛による大七夕が中心となりましたが、高岡七夕ももとは戸出七夕と同じく明治時代から始まった男の子の成長を願う庶民のまつりで7月7日に行われていました。以前は戸出よりも大規模に行われ、高岡七夕まつりのほうを「日本三大七夕」と呼んでいました。
 
 毎年7月7日、七夕飾りは酒に酔った町衆によって街中を盛大にパレードのようにして運ばれ、市内を流れる千保川に流すという「七夕の川流し」が行われていました。多くの見物客を集めるこのイベントは、高岡の一大風物詩として知られていました。
 
 1968年(昭和43年)、七夕まつりを梅雨を避けて8月に移し、それまで9月に行われていた「高岡まつり(大名行列)」を統合して北陸一の夏祭りにしよう、ということになりました。しかし同昭和43年、高岡市は川の環境に配慮して七夕まつりのメインイベントである「七夕の川流し」を禁止としました。
 
 メインイベントを取り上げられ、節句からも外れてしまった「七夕」は、「まつり」のための七夕となり、商店や一般家庭において男の子のために七夕を飾る習慣は廃れていきました。昭和58年、流した七夕をすぐ下流で回収するという条件つきで「七夕の川流し」は復活しましたが、平成16年にこれも取りやめとなりました。
 
 現在、戸出七夕が日本海側随一の歴史ある七夕として明治期からの趣を残すのに対し、高岡七夕は一般企業による七夕と路上コンサートなどの関連イベントなどを楽しむまつりとなっています。
 
 
 (以下、一高岡市民の意見ですが・・・)
 七夕を8月7日に祝うなんて雛祭りを4月3日に行うようなものです。多くの市民が8月に七夕を祝うことに季節外れ感を抱いています。もう一度、元々の7月開催に戻し、目的も子供のためのものに戻し、高岡中心市街地、戸出市街地、そして近年まで「あしつき祭り」として七夕を祝っていた中田市街地などを核として全市民が一体となって盛り上げられる七夕まつりにすることはできないものでしょうか。
 
 もう一度、高岡市にとっての「七夕」の意味を前向きに考えていただきたいと思います。
 
 その前に、7月でも8月でも構いませんので高岡市内の男の子のいる家庭では七夕竹飾りを立てるようにしましょう。日本で高岡市のみに100年以上続く民俗行事です。是非とも次の世代に伝えて、ふるさとを愛しむ心の育成や観光に活かしていきたいものです。

美しさ★★★★
規模★★★★
歴史★★★★

高岡市戸出町へのアクセス

鉄道(JR)でお越しの場合

  JR北陸本線高岡駅にて城端線に乗り換え、
  約14分で”夢のまち”戸出へ到着します。

自家用車でお越しの場合

  北陸自動車道・砺波ICで降りて、戸出方向へ約20分。
  北陸自動車道・小杉ICで降りて、戸出方向へ約20分。
  能越自動車道・福岡ICで降りて、戸出方向へ約15分。

飛行機でお越しの場合

  富山空港からは自動車、タクシーで約50分です。
  (タクシー運転手さんへは「七夕日本一の町へお願いします」で通じます。)

  富山空港からは富山空港連絡バスを利用し高岡駅で下車し、
  その後城端線に乗り換えるのことも可能です。

ご宿泊のご案内

ご宿泊の際は、周辺観光に便利なJR高岡駅周辺の
ホテル・宿をご利用ください。
高岡駅周辺には、国宝「瑞龍寺」のほか、
大名が眠る墓としては日本最大の「前田利長墓所」、
土蔵造りの街並みも美しい「山町筋(やまちょうすじ)」、
格子造り家々と石畳が美しい高岡銅器誕生の地「金屋町」など見所が満載です。

日本一の七夕まつりを楽しんだ後は高岡中心市街も散策してみてください。

戸出七夕コンテスト結果

 

戸出七夕関連動画

 

各町内の七夕写真(2007年以前)

 

戸出七夕の歴史


昭和4年の戸出の七夕祭り 〜木下屋呉服店前〜
(写真提供:戸出東町自治会)

昭和初期には既に現在のような赤ちょうちんを
中心とした飾りつけだったことがわかります。

戸出七夕の川流し

長男が生まれた家の七夕は、七夕まつりが終わった後、
下の写真のように飾りをほんの少し残した状態にして
「川流し」の行事が行われます。

以前は実際に七夕の竹を新川(=千保川)へ流していましたが
現在は町内を引き回すのみとなっています。

町内の方々に担がれた七夕の竹は道を左右に蛇行しながらゆっくりと進みます。

(写真は2010年7月8日のものです)

写真中央右側奥に金色に光って見えるのは音頭をとるための半斗缶です。

この日の一行は、半斗缶を叩く「ガン、ガン」という音と、
ホイッスルの「ピィッ、ピィッ」という音に合わせて
「わっしょい、わっしょい」と声を掛けながら進みました。


道中のところどころで七夕の竹を立てて先端を揺らします。


長男が生まれた家の七夕を川へ流す行事は
かつて高岡市中心地域でも盛ん行われていましたが今は行われていません。

今では日本中で高岡市戸出地域に残すのみとなった貴重な民俗行事です。

戸出音頭を覚えよう

 
 メロディーは知っていても歌詞までは知らない方は地元でも多いかと思います。
 下に歌詞(一部のみ)を掲載させていただきます。
 歌詞を知っていれば戸出七夕をよりいっそう楽しむことができるでしょう。

 また、歌詞には注釈をつけさせていただきました。
 戸出音頭で、戸出町の歴史にも触れてみてください。

戸出音頭
   作詞:武田利雄  作曲:小沢慎一郎  編曲:小沢直与志
 戸出よいとこ 砺波の都ヨイヨイ
  米のでどころ 米のでどころ 機織りどころ
   風に流れる 風に流れる サテ心うかせる 筬の音
    サテ 戸出音頭でよいとサッサ
 遠い元和に開いて 伸びてヨイヨイ
  日まし栄える 日まし栄える 由緒の町よ
   さあさ築こよ さあさ築こよ サテみなで築こよ 夢の町
    サテ 戸出音頭でよいとサッサ


※ 米のでどころ:
 江戸時代、加賀藩は加賀・能登・越中の3国を 支配していましたが、最も多くの米が穫れたのが越中国でした。 そして越中国で最も米が獲れたのが砺波郡でした。
 戸出には砺波郡で最大の加賀藩の米蔵(戸出御蔵)が置かれていました。 戸出は加賀藩百万石を支える上で大変重要な要衝の地でした。

※ 機織りどころ:
 江戸時代中期の苧麻(ちょま)栽培から始まり、 江戸時代後期には、経糸(たていと)に麻、緯糸(よこいと)に苧麻を使用した 八講布の産地として全国的に知られるようになりました。
 明治以降は、富山県内有数の繊維業のまちとしてさらに発展を続けました。

※ 砺波の都:
 米蔵と機織りの町として賑わったほか、 戸出には御旅屋(加賀藩主のための宿泊所)なども築かれ、 砺波郡において中心的な役割を果たすまちとして発展してきました。
(江戸時代の砺波郡は現在の高岡市、小矢部市、砺波市、南砺市にあたります。)

※ 元和(げんな):
 江戸時代初期の元号。戸出町は元和3年(1617年)、 大庄屋である川合又右衛門によって開かれました。
ちなみに加賀藩では大庄屋のことを十村(とむら)と呼んでいました。

※ 由緒の町:
 自然発生的に人が集まりいつ開かれたかがはっきりしない町が多い中、 戸出町は開町記録が残っている中では砺波平野において 最も古い町です。これが「由緒の町」と呼ばれる所以となっています。

戸出町観光ボランティア申し込み


『戸出七夕まつり』関連リンク集