フレッシュテニスのルールについて
現     行
(施設・用具)
1  コート
 ・バドミントンのダブルスコートを利用する。
2  ネット
 ・バドミントンのネットを床から90cmの高さに張る。
3  ラケット
 ・シャフトの短いラケットを使用する。
 (長さ55cm以下でフレームは楕円形)
4  ボール
 ・ボールはスポンジボールを使用する。
(競技)
1  試合
 ・ダブルスで行う。
2  サービスとサイドの選択
 ・選手は、試合開始前にサービスかレシーブ(サイド)の
  いずれかを「じゃんけん」によって選択する。負けた方は
  残りを取る。
3  ゲーム回数
 ・試合は、3,5,7,のゲームとする。
  (5ゲームが望ましい)
 ・試合が5ゲームの場合3ゲーム先取をもって決定する。
4  ゲームの勝敗
 ・1ゲームの勝敗は、4点(ポイント)の先取をもって決定
  する。
  ただし、双方が3点(ポイント)を得た場合、ジュースとし、
  2点(ポイント)の連続先取をもって勝敗を決定する。
 ・サーブ権の有無に関係なく得失点とする。
5  コールの方法
 ・ポイント及びゲームカウントはサービス側から得点を
  コールする。
6  サービス
 ・サーバーが手からボールを離した瞬間に始まり、ラケット
  でボールを打った時に終了するものとする。
 ・サービスは、ベースラインの後方からトスしたボールを
  直接またはワンバウンドさせて、腰から下で打つ。
 ・打点が腰から上の時、失点とする。
 ・サービスのカットは反則となり失点とする。
7  サービスの代行
 ・サービスは、1ゲーム中そのパートナーに代行させる
  ことはできない。
 (レシーブをする場合も同様)
8  サービスの順序
 ・サービスはネットに向かって右側からこれを始め、右、左
  交互に対角線上の相手方サービスコート内にボールを
  打ち込む。
 ・サービスは1回とし、レット(ネットイン)の場合はやり直し
  をする。
 ・サービスの順序を間違えた場合は、間違えが発見された
  時の次のポイントのサービスから正しいサービスコートに
  サービスをする。それまでのポイントは有効とする。
9  サービスをする位置
 ・サービスはサイドラインの延長戦とセンターラインの
  延長戦の間で、ベースラインの外で行う。
10  サービスの時期
 ・サービスは、主審のコールがあった後行う。
 (違反した場合は、サービスのレットとする。)
11  サービスのレット
 ・サービスをしたボールが、ネット又は、ネットポストに触れ
  正しいサービスコートに入った場合。
12  サービスのフォルト(サービスミス)
 ・相手方のサービスコート内に入らなかった場合。
 ・主審のコール後、手から離したボールを打たなかった
  場合。(打ちそこなった場合も含む)
 ・ワンバウンドでサーブする時、ボールがベースラインの
  上や内でバウンドした場合。
 ・サーバーのパートナーが、サーブが終わる前にサーバー
  側のコートに入った場合。
 ・サービスしたボールがパートナーのラケット、身体、着衣
  類等に触れた場合。
 ・サービスの際、ボールがラケットに2度当たった場合。
13  フットフォルト(ラインクロス)
 ・サービスが始まってからサービスが終わるまでの間に、
  足がベースラインかサイドラインに触れた場合。 
 ・サイドラインの延長線とセンターラインの延長線の外に
  出た場合。
 ・ベースラインの内側に入った場合。
14  レシーバーの制約
 ・サービスの際、レシーブが終わるまでパートナーはレシ
  ーブをするサービスコート側に足を踏み入れてはいけ
  ない。(その場合失点とする)
 ・レシーバーは、それぞれのサービスコート側(右側、
  左側)のいずれかでレシーブを行い、そのゲーム中は
  変わることができない。(交互にサービスを受ける。)
 ・レシーブの場所の間違いが発見されたときは、正しい
  場所に戻す。それまでのポイントは有効。
15  レシーバーの失点
 ・パートナーがサービスを受けた場合。
 ・サービスされたボールが、バウンドしない内に直接レシ
  ーバーのラケット、身体、着衣等に触れた場合。
 ・サービスされたボールがネット又はネットポストにふれ、
  バウンドしないうちに直接レシーバーのラケット、身体、
  着衣等に触れた場合。
16  セーフ
 ・インサイド、アウトサイドは、ボ−ルの落下したところを
  もって判定し、ラインに触れたものは全てセーフとする。
 (インプレー中における有効球の特例)
 ・ボールが、ネット又はネットポストにふれても、これらを
  越えて、正しく相手のコートに入った場合。
 ・ボールが、ネットポストの外側を廻り、あるいはネットポ
  ストに触れてもそのボールがインサイドになった場合。
 (正しく相手コートに入った時)
 ・相手からのボールが、1度コートにバウンドした後、
  ネット又はネットポストに跳ね返り、そのボールがもう
  一度コートに落ちる前に返球した場合。
 ・打球に回転が加えられて、相手コートでバウンドしたの
  に、ネットを越えて自分のコートに入った場合。
 (解説)打球が相手コートに正しく入り、一度バウンドして
   いるので相手のプレーヤーは、ボールがネットを越す
   前にラケットで打たなければならない。
17  ノーカウント
 ・審判が判定を誤ったため、プレーに支障が生じた場合。
 ・突発的な事故によりプレーが妨害された場合。
 (ただし、主審の判定による)
18  タイム
 ・正当な理由により、プレーを中断する場合。
 ・選手、監督のタイムはインプレー中は認めない。
  その以外に限る。