第一章 総則
(目的)
第1条 本会は、会員相互及び会内外の諸団体との協力、協調のもとに、会員の教養を
 高め、福祉を増進し、生活環境の整備などに努め、また行政との協調、協力を進めつ
 つ、良好な地域社会の維持及び形成に資することを目的とし、そのための不動産又は
 不動産に関する権利等を保有する。

(名称)
第2条 本会は、高岡市下山田自治会と称する。

(区域)
第3条 本会の区域は、高岡市下山田1番地から同市下山田30番地、同市下山田30
 番地から同市下山田73番地、同市下山田73番地から同市下山田82番地、同市下
 山田82番地から同市下山田163番地、同市下山田163番地から同市下山田
 167番地、同市下山田167番地から同市下山田242番地、同市下山田242番
 地から同市下山田246番地、同市下山田246番地から同市下山田254番地、同
 市下山田254番地から同市下山田北山56番地、同市下山田北山56番地から同市
 下山田北山24番地、同市下山田北山24番地から同市下山田北山20番地、同市下
 山田北山20番地から同市下山田作坂1番地、同市下山田作坂1番地から同市下山田
 1番地に囲まれた区域とする。

(事務所)
第4条 本会の事務所は、自治会会長宅に置く。

第二章 会員
(会員)
第5条 本会の会員は、第3条に定める区域に住所を有する個人とする。
2 本会は、正当な理由がないかぎり会員になることを拒んではならないものとする。

(会費)
第6条 会員は、総会において別に定める会費を納入しなければならない。
2 会員に特別の事情がある場合は、会費を減免することができる。

(退会等)
第7条 第3条に定める区域内に住所を有しなくなった場合。
2 会員が死亡し、又は失踪宣告を受けたときは、その資格を喪失する。

第三章 役員
(役員の種別)
第8条 本会に次の役員を置く。
(1)会長  1人
(2)副会長 2人
(3)委員  若干名
(4)庶務  1人
(5)会計  1人
(6)監事  2人

(役員の選任)
第9条 役員は、総会において会員の中から選出する。
2 監事は、会長及びその他の役員と相互に兼ねることはできない。

(役員の職務)
第10条 会長は本会を代表し、会務を総括する。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職
 務を代行する。
3 委員は、会の運営に参画する。
4 庶務は、会の庶務を処理し、会の内外への連絡、広報などを行う。
5 会計は、会の出納事務を処理し、会計に必要な書類を管理する。
6 監事は、本会の財産及び業務執行状況の監査を行う。

(役員の任期)
第11条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、辞任又は任期満了の後においても、後任者が就任するまでは、その職務を
 行わなければならない。

第四章 総会
(総会の種別)
第12条 本会の総会は、通常総会及び臨時総会の二種とする。

(総会の構成)
第13条 総会は、会員をもって構成する。

(総会の機能)
第14条 総会は、次の事項を議決する。
(1)事業報告の承認
(2)会計決算の承認
(3)資産の取得及び処分の承認
(4)事業計画の承認
(5)予算の承認
(6)会費の改訂
(7)会則の改定
(8)役員の選出
(9)その他会の重要事項に関すること

(総会の開催)
第15条 通常総会は、毎年度決算終了後1ヶ月以内に開催する。
2 臨時総会は、次の各号の一に該当する場合に開催する。
(1)会長が必要と認めたとき。
(2)世帯の代表の三分の一以上から会議の目的たる事項を示して請求があったとき。

(総会の招集)
第16条 総会は、会長が招集する。
2 会長は、前条第2項第2号の規定による請求があったときは、その請求があった日
 から1ヶ月以内に臨時総会を招集しなければならない。
3 総会を招集するときは、会議の目的たる事項並びに日時及び場所を示して、開会の
 日の7日前までに通知しなければならない。

(総会の議長)
第17条 総会の議長は、その総会において、出席した会員の中から選出する。

(総会の定足数)
第18条 総会は、世帯の代表の二分の一以上の出席がなければ、開会することができ
 ない。ただし、やむをえない事情で出席できない者は、委任状の提出により出席者の
 数に加えることができる。

(総会の議決)
第19条 総会の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決
 するところによる。

第五章 役員会
(役員会の構成)
第20条 役員会は、監事を除く役員をもって構成する。ただし、会長が必要と認めた
 ときは、監事も構成員となることが出来る。

(役員会の機能)
第21条 役員会は、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項

(役員会の招集等)
第22条 役員会は、会長が必要と認めるとき招集する。

第六章 資産及び会計
(資産の構成)
第23条 本会の資産は、次の各号に掲げるものをもって構成する。
(1)別に定める財産目録記載の資産
(2)会費
(3)活動に伴う収入
(4)資産から生ずる果実
(5)その他の収入

(資産の管理)
第24条 本会の資産は、会長が管理し、その方法は役員会の議決によりこれを定める。

(経費の支弁等)
第25条 本会の経費は、資産をもって支弁する。
2 年度開始後に予算が総会において議決されていない場合には、会長は、総会におい
 て予算が議決される日までの間は、前年度の予算を基準として収入支出をすることが
 できる。

(会計監査)
第26条 会計監査は、毎会計年度終了後速やかに行い、総会に報告する。

(会計年度)
第27条 本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。

第七章 雑則
(備付け帳簿及び書類)
第28条 本会には、会則、会員名簿、認可及び登記等に関する書類、総会及び役員会
 の記録、収支に関する帳簿、財産目録等資産の状況を示す書類その他必要な帳簿及び
 書類を備えておかなければならない。

(委任)
第29条 この会則の施行にあたって必要がある場合には、細則を定めることができる。
2 細則を制定したときは、次の総会に報告し、承認を得なければならない。


附則
1 この会則は、平成8年1月14日から施行する。
2 この会則の施行前に選任されている役員の任期は、高岡市下山田自治会会則第11
 条第1項の規定にかかわらず平成8年12月31日までとする。