| ホーム      | 里山交流部会里山整備部会バンブ部会 | 里山農園部会
| 歴史探訪部会 |加工販売部会施設案内    |NEWS    | 探訪会
              
高岡市里山交流センター指定管理者
里山交流部会 里山を活用した都市住民や小中学生との交流事業を企画し都市住民に里山を活用する技術と楽しみ方を普及します
◇ 2010年度の活動はこちら
◇ 2011年度の活動はこちら
◇ 2012年度の活動はこちら
 ◇2013年度の活動です
3月16日 椎茸コマ打ち・エコクラフト作り
 冷たい風が吹く中、椎茸の原木に椎茸菌のコマを1本に20個打ち込む作業を外で行いました。2年後位に椎茸が出てくるのを楽しみに待ちましょう。お昼は、国吉食改の方に作っていただいた黒豆のおこわと豚汁を食べました。午後からは、飯澤先生の指導でエコクラフトで飾りを作りました。ちょっと細かい作業でしたが全員仕上がりました。 

係員に穴を開ける位置(20個)を聞いています 

女性の皆さんも穴あけに挑戦です 

1人ずつの材料を貰い、これからスタートです 

先生を囲んで、わかりにくい所を聞いています 

僕もちゃんとできました。はいポーズ 

作品を手に、満足感あふれる顔ですね 
2月16日 味噌・ストラップ作り
 朝からお日さまがさす気持ちのよい日のイベントになりました。蒸した豆3㎏、米糀3㎏、塩1,2㎏で約10キロの味噌を作りました。お昼は国吉食改の
皆さんにおはぎと豚汁を作っていただきました。午後からは、信光寺で祈願した涅槃団子でストラップ作りをしました。 

豆を機械でつぶします 

味噌桶の中で糀と塩を混ぜ合わせる 

ちびっこ達も一所懸命混ぜて団子にしていきます 

講師より今日作った味噌の食べ頃説明 

味噌納豆の差し入れもありました 

涅槃団子を中に入れて、縫い上げていきます 
1月19日 餅つき・わら細工づくり
 前日より降った雪がうっすらと積もった寒い朝、今日のイベントは寒い日が一番良い餅つきです。蒔きで火を起し1升5合を4臼蒸しあげました。臼と杵での餅つき、参加者の方にもついてもらい美味しいお餅ができました。昼はつきたての餅に餡、黄粉、ゴマ、大根おろしをつけたつけ餅と温かい豚汁をいただきました。休憩後、社内さんを講師に迎えて縄編みで「てんご」をつくりました。細かな作業でしたが皆さん仕上げて持ち帰りました。  

しっかり火を炊き蒸し上げるのが大変なんです 

お父さんと2人で一生懸命つきました 

餡・きな粉・ゴマのつけ餅を皆で造りました 

餅と豚汁で美味しくいただきました 

順番を間違えないように、60㎝編みあげます 
 
苦労して作った作品を肩に、はいポーズ
12月15日 ミニ門松・かぶら寿司づくり 
 朝から冷え込んだ寒い日のイベントになりました。今日は年末恒例のミニ門松とかぶら寿司づくりです。竹を切る外での作業もありました。ミニ門松を最初に作製し、そのあと国吉食改さんの指導のもとかぶら寿司を漬込みました。終了後、お釜で炊いたさつまいもご飯と豚汁の昼食をいただき解散となりました。

竹の太さを確認して台座づくり 

台座に紙粘土を入れ梅・南天・松を飾り付けます

自分で造ったミニ門松を手に記念撮影 

2日前のサバとかぶらの事前段取り 

蕪・サバ・麹・人参・昆布・唐辛子の分配後漬込み開始 

さつまいもご飯と豚汁、アツアツで大変美味しいです 
11月23日 リンゴ狩り・版画
 前日までの雨も上がり暖かい日になりました。初めての国吉りんごのリンゴ狩りで交流センターから1キロほど歩いてリンゴ園へ行きました。1人3個の
摘み取りで持ち帰りました。お昼には豚汁とお釜で炊いたご飯のおにぎりとほろふき大根をいただきました。午後からは年賀状用の版画制作をしました。全員が仕上げました。作品は交流センターの掲示板に展示してあります。

中島代表から、リンゴのあれこれを聞きます 

どれが美味しいリンゴかな 

おにぎり・豚汁・ほろふき大根での昼食です 

ゴム版に写した絵を彫刻刀で掘っていきます 

よくできました。私達も満足でーす。 

皆さんの作品・センター廊下に展示してあります 
11月3日 里山散策・里芋収穫
 雨で延期となった今回のイベント、参加者は4人のみとなりました。昼食は、農園部会の里芋収穫祭と一緒に、焼き鳥、芋煮汁、お釜で炊いたご飯、サツマイモのふかし芋、里芋の田楽をいただきました。 

雨で延期となった今日は参加者は4人のみ 

折り返し点の展望台でしばしの休憩 

木漏れ日の差す好天に恵まれ、爽やかな散策でした 

農園の収穫祭の人達と一緒に昼食頂きました 

里芋は沢山小芋が付き大豊作でした 

ユズ味噌をつけて食べる里芋は抜群だね 
9月29日 さつまいも掘り・ストロー細工
 秋晴れの爽やかな日が続く中、今日のイベントは里山農園のさつまいも掘りとストローでエビを作るストロー細工の日程で行いました。お昼はいもづくしで豚汁・ふかしいも・いもご飯・さつまいものオレンジ煮とたくさん美味しくいただきました。お土産は自分で掘った大きなさつまいもでした。 

家族が集まって芋掘りです 

自分で掘った大きな芋を手に記念撮影 




芋づくしのお昼、美味しくいただきました 

ストローお兄ちゃんの安部さんです 

午後からはストローでエビ作りです 




出来たエビをもって記念撮影 
8月11日 エコクラフト・流しソーメン・陶芸 
 連日35度を超える猛暑の夏休み中のイベントで、小学生の参加も多数ありました。今回は午前にエコクラフトで、コースターを作りました。2時間の予定でとりかかり、1個は完成できるちょっと細かい作業でしたが小学生も仕上げていました。幼児は糊で貼りつけるコースターを仕上げました。お昼に流しソーメンと里山農園で収穫したじゃがいもの吹かし芋とおにぎりをいただきました。午後からは、軒下で陶芸にとりかかりました。800gの粘土で湯のみ茶碗をつくりました。ろくろで作ることもできました。焼き上がりが楽しみです。

講師の中山さんからコースター作りの説明 

お父さんも僕達も真剣に編んでいます 

なかなか流れてこないわね~ 

とっても美味しいね! 

新保先生の作り方をよく見てから作りましょう 

ちびっこ達も真剣に取り組んでいます 
7月14日 藍染め・流しソーメン・里山遊歩道散策
 毎日暑い日が続く中、前日の雨により里山散策を午後に廻し、手拭いの藍染めを午前中におこないました。お昼に流しそーめんとお釜で炊いたおにぎりを食べて休憩後、遊歩道の散策をしました。足元が軟弱なため途中の見晴らし台までの散策となりました。帰りに子供の参加者にかぶと虫をお土産にくばりました。 

野田講師が柄の付け方について講義です 

仕上がりを考えて、布に絞りの柄を付けます 

藍染液・発色液・ソーピング液の順に液に浸けます 

出来上がった手拭いの藍染、まずまずの出来ですね 

10mの両側に並んで一斉に流しソーメンの開始 

ソーメンは追加で茹でるほどの量を食べました 

里山遊歩道散策、綺麗な緑の中を歩きます 

中間点の展望台で記念写真 

持ってきた容器にかぶと虫を雄雌入れてもらいました 
6月1日 穂先たけのこバーベキュー
 今回のイベントは、たけのこが2m程に伸びた先端を切った、30センチを穂先たけのことして食べれることから皮むきをして煮たものを真空パックにしておみやげとなりました。昼食用の竹の器をつくり、竹細工をして、国吉食改の皆さんに昼食を作っていただき、タケノコ飯・味噌汁・天ぷら・焼そば・ウィンナーでした。昼食後、煮上がった穂先を各自真空パックの機械で体験していただきました。 

穂先タケノコの採集・先端を切り・それから30㎝位 

穂先の皮むき・他の箇所から取り寄せました 

昼食の器作りです。僕たちも頑張っています 

11時20分より昼食の開始 

丸い器には、穂先タケノコご飯とたけのこ味噌汁 

ゆでたタケノコを全員2個ずつパックにして持ち帰りです 
5月5日 たけのこバーベキュー
 先週に続いてたけのこバーベキューを開催しました。好天に恵まれ、今回は親子での参加者が多く、楽しくタケノコ掘りをする姿が随所に見受けられました。昼食用の器作り、竹細工も賑やかに進んでいました。昼は国吉食改の皆さんのお手伝いにより、タケノコ飯・焼き鳥・ウインナー・たけのこの味噌汁・天ぷら・焼そばをいただきました。いつもお世話ありがとうございます。 

タケノコを探して、さあ掘るぞ 

お父さんの前でいいとこ見せてやるぞ、えい! 

皆さんの注目を集めながらのタケノコ掘り 

皆で協力しながら、竹の器作り。一人4個ですよ

竹の輪を5つつないだオブジェでご機嫌の兄妹 

各自自分で作った器で食べるのも格別です 

顔の様な大きな器でたけのこご飯を食べてます 

各家族ごとに集まり、美味しくいただきました 

お世話いただいた食改の皆さんです 
4月28日 たけのこバーベキュー
 前日までのすっきりしない天気から一転、朝から快晴の暖かい日に恵まれタケノコ掘りをしました。寒さの影響で心配していたたけのこの生育は、参加者の皆さんの探し方次第でした。 一人3本までと決め順番に掘っていきました。昼には焼き鳥・たけのこ飯・たけのこの味噌汁・たくさんの天ぷら・焼そばを各自で作った竹の器で美味しくいただきました。

まずは器づくり、おじちゃんがんばって 

僕も挑戦・真剣なまなざしです 

たけのこ掘り、意外と大変ね 

おとうさんそこそこ、頑張って! 

外でいただくお昼は最高です・・・ 

花瓶・オブジェ・筆入れ等、沢山の竹細工をしました 
戻る