ホーム  目次  ナビパレット  前へ  次へ
RACDA高岡の公共交通:南北軸を一体的に捉えた場合
今まではとにかく東京であり、大阪であったため東西の交通が重視されたが、暮らしを中心に地域を考えるとむしろ南北方向の動線がクローズアップされる。従来のそれが細々とした支線であったものを東西と対等な交通軸に育てていかなければ地域の活性化は考えられない。氷見線、城端線、そして万葉線を一体的に捉えた南北軸を想定したのが以下の図である。


ホーム  目次  ナビパレット  前へ  上へ  次へ