各町紹介

[HOME]
伏木の山町は現在6町ある。


各町 「だし」「福神」の一覧
各町の「だし(標識)」「福神」「前人形」を一覧にし、
写真にて紹介します。


各町 紹介ホームページ
中町 (なかまち) 「ひょうたんやま」
中町は、6台の中で最初に建造された山車(やま)です。 だしのひょうたんは「子孫万代」の由緒をちなんだもの。 一個の種子をまけば、百個のひょうたんがなるといわれていることと 併せて、子孫繁栄を表したものです。 また、下山の構造が唯一伊達柱になっているところが特長です。

上町 (かんまち) 「ささやま」
上町は、能登屋やつる屋をはじめ船問屋が軒をならべる富裕なまちでした。 曳山の完成は中町から遅れること4年となっていますが、 福神の布袋像はもっとも早くに製作されており、計画・着工は あまり差がなかったと思われます。 だしは「ささりんどう」です。

本町 (ほんまち) 「がんがらやま」
本町は、福神に弁財天を奉った山車であり、 6町の中で唯一女性の神様を奉っています。 それにあわせて前人形もかわいらしい和人形が載っています。 だしは密教の法具である五鈷鈴の変形と見られています。 また大きな鈴ががらんがらんと音を出すことから、 がんがらと呼ばれるようになりました。

寳路町 (ほろまち) 「せんまいやま」
寳路町という名前の由来は明らかではありません。 しかし、上町より分離したと伝えられ、また、 山車ができるまで神明社の御輿渡御に供奉する母衣行列に 奉仕したという実績があることから、そこから 町名に「寳路」(母衣)という好字を充てたと考えることができるようです。
だしは千枚分銅です。金銀を秤のおもりの形に鋳造して 不時に備えた重宝で、「富貴蓄財」の願望の象徴です。

石坂町 (いっさかまち) 「じぃやま」
石坂町は、低湿地を新開してできた土地に伏木村の 住民がたくさん移り住んでできた町です。 この山車のみどころは、後へいの「菊慈童」ちなんだ 大輪菊の見事な彫り物と、高欄の上段が、 一連の透かし彫りふうの丸彫朱欄になっていることで、 この山車独自の珍しいデザインになっています。 だしの「寿」は、この山車のテーマである 「不老長寿」の願望を抽象化した吉祥文字です。

湊町 (みなとまち) 「ちょうちょやま」
湊町は、比較的新しい新興のまちです。 それを象徴するように、もっとも大きく作られただけでなく、 唐木の後へいや褐色で統一した上山の彫刻など、 全体的に男性的な偉容を誇っています。 また、擬宝珠柱や横木の朱と金地との鮮やかなコントラストも見事です。
だしの「胡蝶」は、木製叩き地金箔塗の優品です。
[詳細]

十七軒町 (じゅうしちけんちょう)
十七軒町は、現在の中道どおりに位置し、 だしには「ほら貝」を有する山車がありましたが、 明治(1880)の火災により焼失してしまい、 現在では、彫り物の一部を残すのみとなっています。
平成16年に福神である寿老人を復元いたしました。

HOME