平成18年度”弥栄節”一般講習会のご案内
”弥栄節”踊り講習会の一般公募のお知らせについて
あなたも"弥栄節"を踊ってみませんか

踊りを覚えて"御印祭""高岡七夕町流し"に参加してみませんか。
男女をとわず、男踊り女踊りの指導をいたします。
 場所:   高岡市ふれあい福祉センター体育館

日程表 平成18年
第1講習日 4月17日(月)
第2講習日 4月19日(水)
第3講習日 4月24日(月)

昨年度の講習会風景です(動画)ご覧ください。mpg形式:10Mb
6月20日、金屋町では“御印祭”が行われます。
高岡の開祖前田利長公が鋳物産業を奨励するため、
諸役を免除するなど手厚く保護して下さった遺徳を偲ぶと共に、
鋳物産業のますますの繁栄を祈念して、利長公の命日に行うお祭りです。
“御印祭”に奉納されるのが“弥栄節”踊りです。
昔、鋳物師たちが地金を溶かすため、「たたら」
という足で踏むおおきな「ふいご」を用い、
炉の中へ強い風を送る作業中、疲れる心身を元気づけ、
皆の調子を揃える為に歌ったのが“弥栄節”でした。
高岡開町より400年ちかい伝統を継いできた金屋町の郷土民謡“弥栄節”
は地元はもちろん、高岡市民の皆さんにも認知されるようになってきました。
昨年の前夜祭には、1150人にも及ぶ大勢の人達が、千本格子(さまのこ)
の家並みが残る金屋町の通りを“弥栄節”踊りの町流をされました。
あなたも、“弥栄節”踊りを体験してみませんか。