ちんちんバス

新幸橋をバスが通っていったね。昭和12年ごろかな〜。島作の角を、今のあの道幅をさっと曲がっていった。子供のころには大きいバスだと思っていたけど、今から思えばそう大きなものではなかったんだな。

どこでも手をあげれば止まってくれて、乗り降りできたと聞きましたけど。

ところどころにバス停はあっただろうけど、街中ではどこでも乗せてくれた。

その当時なら、「どんどん坂」を昇っていったのですか?。

そや、あんときはまだ三角広場はなくて、今はその隣の駐車場になっているあたりに「どんどん坂」があった。今の三角広場(ポケットパーク)にはその当時、家が数件あった。金屋上町の通りを走ってきたバスは直角に曲がって坂をのぼり、左に曲がって横田町へ抜けていった。

なぜ三角広場ができたのですか?

戦争中、爆撃を受けたときのために、民家が密集している所に緩衝地帯を設けたがや。そして防火用水になっとった。
どんどん坂のあったところ
どんどん坂があったと思われる場所。今は、盛り土をして駐車場になっている。
右が小公園(俗称三角広場)

戻る