パイスケ

鋳物の原材料や鋳物砂などを運ぶのに用いた道具です。重量に耐えるように何箇所か鋼帯で補強されています。金屋町 新森家の物置で見つかり、鋳物資料館へ寄贈していただきました。

ちなみにこの形だけでなく、竹かごやざるのことを「パイスケ」と呼ぶそうで、外国人がバスケットと呼んだのが転訛したものと言われているそうです。