保  与 の 会
  ほ    よ     の    か  い 


保与の会は 平成6年に誕生した観光ボランティアガイドのグループです

高岡大好き人間の集まりです。高岡を訪ねてくださった方々、地域の方々に
高岡の魅力をお伝えできたらと考えています




 
“ ほよ”とは 万葉集の中で歌われている草木の名前で

      万葉集では“保与”と表現されています

           宿り木の一種です

《あしひきの 山の木末の保与とりて かざしつ らくは千歳寿くとぞ 
                                (大伴家持) 》

 
“ほよ”は ブナの木に寄生する宿り木です。 
冬になり周りの木々が葉を落とした頃赤い実や 黄色い実をつけます。
昔の人は、寒い中に青々と葉をつけている“保与”に不思議な力を感じたことでしょう。
その一枝を、髪に飾ることで まるで千年も万年も生きる力をいただくように思った
のでしょう。

こ の植物の名前から、グループの名を 《 保与の会 =  ほよの会  としました


 観光ボランティアガイド 保与の会 観光スポット  国宝瑞龍寺