トップページに戻る

■夜間採集の実施 16年度第一回「夜間採集」を実施いたしました。
「夜間採集とは」
昆虫の光に集まる習性を利用して採集する手法の一つです。
最近はなくなりましたが昔、水田では誘蛾灯が設置されており、夜に見に行くとカブトムシやクワガタムシが採れました。
夜、二上山の山中で発電機により、水銀灯を灯して、白い幕を張りそこの集まる昆虫を採集します。主に蛾を集まりますが他にカミキムシ、クワガタムシ、なども来ます。
設置する場所は明かりがない、所と月が出てない無風の日で谷間を見下ろす地形を選びます。季節、時間帯により飛来する種類が違います。

◆日 時 平成16年6月9日(水) 19時〜21時30分頃
◆場 所 二上万葉ライン 月見台(展望台)の2階
◆参加者 大野さん、中山さん
◆目的 1886年に英国人リーチがこの近隣で日本最初に採集した
フシキキシバタの再採集に挑戦中。
◆当日の様子