トップページに戻る

大野豊氏 6月5日(環境の日)、北日本新聞に「地球温暖化」を警告!
 「かつては九州や四国にいたツマグロヒョウモンが、地球温暖化の影響を受けて県内に移動してきた。」また、その一方で「ウラギンスジヒョウモンがもっと寒い北の方へ移動したのではないかと考えられる。」、「標高2,500m以上の高山に住んでいるチョウが、温暖化が進むと絶滅する恐れがある」との記事(見開き2面)が掲載されました。