トップページに戻る

祇園祭の悪王子」 

児童文化協会副会長   樽谷 雅好さん 

※二上山の、‘前の御前’に「悪王子社」、‘奥の御前’に「日吉社」
※悪王子社には、「人身御供伝説」…cf.荻布の「俎橋」
※悪王子(二上の神)の正体は、「大蛇」または「蜘蛛」
※京都・祇園社(八坂神社)の「お旅所」(大政所町)に、「蜘蛛と悪王子」の伝説
※「祇園祭」と、「悪王子」とに深い繋がり…cf.「長刀鉾」 

(1)京都の悪王子社

1),天延二年〜文禄年中(974〜1596)、京都市下京区東洞院通四条下ル「元悪王子町」
  ―四条通りから南に入った所に「悪王子社旧地」の石標。近くに「悪王子社」が新築。
    『京都坊目誌』『京町鑑』…天延二年(974)五月下旬、秦助正の邸に悪王子が示現

2),天正十八年(1590)からは、烏丸通五条上ル「悪王子町」に悪王子社は在った。

3),慶長元年(1596)、豊臣秀吉の命で悪王子社は四条京極寺町の「祇園御旅所」の東へ。

4),天明八年(1788)、大火を機に悪王子社は四条通祇園町大和大路ノ角へ移転。

5),明治十年(1877)、京都府令により悪王子社は、「八坂神社」の境内で‘第二摂社’に。
   ― cf.‘第一摂社’は、「疫神社」

「(大政所 →)元悪王子町 → 悪王子町 → 四条京極の寺町 → 祇園町 → 八坂神社 」

悪王子社旧地の石碑(元悪王子町) 元悪王子町の悪王子社 八坂神社の境内にある悪王子社

※ 二上山の‘前の御前’「悪王子社」は、京都から勧請されたと考えられる。
     cf.‘奥の御前’日吉社(山王廿一社)に含まれる「悪王子」は、近江(滋賀県)から。

 

(2)祇園祭の悪王子

@、斎竹(イミダケ)

七月十五日、「斎竹建て」…四条通り麩屋町に、南北二本の大竹
     …現在は、高橋町によって建てられる

 〔※高橋町の藤井源次郎さん(大正9年生)に取材〕

「祇園祭礼式」御旅所斎竹建ル事 

四条寺町辻ニ立ル、斎竹二本有、床ノ前ニアリ、一本ハ旅所藤井氏ヨリ立ル、一本ハ泉涌寺来迎院ヨリ立ル、是則悪王子ノシメ也、悪王子ハ泉涌寺ノ支配也、此社古エ四条東洞院ニ有シ時、其シメヲ長刀鉾参入ノ時切テ通ス例今ニ有リ、…

〔『神道大系』神社編(十)祇園p478〕

四条麩屋町に立てられた『斎竹』

高橋町による注連縄張り
向かって右端に藤井源次郎さん

 

A、注連縄(シメナワ)

 七月十七日、早朝に「注連縄張り」
    〃 〃 、午前九時に「注連縄切り」
     …山鉾巡行の開始時、「長刀鉾」に載った「稚児」による

「祇園御霊会細記弐」 〔『神道大系』神社編(十)祇園p.347〕    

斎竹を立、注連縄を引けるを切て通りし故、御旅所京極の辻に遷りし後も古例に任する事也、御旅所に於ても余の注連ハ所〃より出るといへとも此注連はかり泉涌寺来迎院より出る所なり、是を以て考知るへし、…

※長刀鉾の稚児が切るのは、‘「悪王子」の注連縄’である。


斎竹の御式由来に就いて」  

毎年七月十日四条通麩屋町角に高橋町が斎竹を建てる由来を案ずるに人皇六十四代円融天皇の天延二年五月晦日高辻北東洞院西に住む秦助正の夢に神人現はれ我は悪皇子である汝の家を影向の地とせん二十日後には祇園大神がその居宅に神幸せられるから速に朝廷に奏問せよとの神託あり翌朝後園にある塚(大蜘蛛が人を殺して食った為覚円といふ山伏が打殺して埋めた塚と云ふ)から蜘蛛の糸が曳いて祇園社に至ってゐるのを見て禁廷に奏上すると主上見給ふ神夢と符節を合してゐたので叡感あり東洞院方四町を御旅所の敷地として寄付せられ大政所と号し神殿を造らしめられて以来祇園祭神幸式には三基の神輿が此の東洞院四条の辻に遷座され神供を受けられて南北へ別れて巡行されることとなり吉符入より此辻の四方に斎竹を建てて注連を引渡して汚穢不浄を禁じてゐた同所には悪王子社があり同社は天正年中秀吉が烏丸五条に移し更に慶長元年四条京極に移転され又更に明治十年悪王子社のみは本社境内に移され御旅所のみ四条京極に残った

以上の御旅所変遷より推して思うに高橋町は御旅所を設けた地にあたり地元の奉仕として烏丸大政所町柳町と共に斎竹建てを仕へて居り御旅所は変遷しても所役は引継いで現在に至り僅かに高橋町のみが伝統を守って居るのである

八坂神社宮司   高原美忠書
下京区東洞院通仏光寺南  高橋町


〔藤井源次郎氏・提供〕

 

B、神剣拝戴(しんけん・はいたい)

七月十六日、午前十時…「大政所町」
  柴田実 (京都大学名誉教授)

長刀鉾の稚児は…唐櫃に納められた長刀鉾の鉾頭、三条小鍛冶宗近の作と伝えられる長刀一口を供人に担がせて…大政所町に今は形ばかり遺った悪王子社まで至り、その社前に右の長刀を安置して拝礼する。その間随行して来た囃子方はにぎやかに祇園囃子をはやし、やがてふたたび稚児とともに鉾町会所に戻って行く。悪王子社礼拝の儀は、他の華やかな諸行事の蔭にかくれて(いるが)、祇園信仰の長い歴史の一端をかすかながらも、今日に伝えるものとして貴重なものである。

『祇園祭』第二章「祇園祭の諸行事」p.38
祇園祭編纂委員会・祇園祭山鉾連合会(筑摩書房)

 

C、長刀鉾

京都府下京区長刀鉾町 「長刀鉾町会所」

  1. 『祇園会古図』(「長刀鉾町会所」2階に展示)
  2. 「祇園会 烏丸大政所行渡神楽 東洞院悪王子祠捧戴神宝等と作長刀図」

  3. 「箱裏銘」 (「長刀鉾町会所」2階に展示)

    祇園会古図当町所旧蔵伝来巳久壊裂不易見
    天保三年壬辰夏諸父老相謀嘱門人大角勤臨墓之
    且使余書顕其上庶幾足欽仰数百年前之威儀也
    翌年癸巳夏装戌因千此記東暉紀広戌并外題

  4. 「神速素盞鳴尊」の掛け軸 (「長刀鉾町会所」2階に展示)

    cf.‘元悪王子町’

    東洞院四条南に悪王子ノ社といへる有。即祇園の摂社荒魂神速素盞鳴尊也
    〔『京都坊目誌』下京乾『新修京都叢書』第十六巻(光彩社) p.305〕 

(3)泉涌寺来迎院

…明応山来迎院  泉涌寺…真言宗泉涌寺派総本山(←真言律宗)

@、悪王子天王尊

「祇園御旅所悪王子社本地仏」
「悪王子天王尊」
「時天明八歳吉月大歓喜日 奉悪王子天王尊神答新造作 別当泉涌寺来迎院」

※「悪王子社」の御神体(本地仏)「悪王子天王尊」が、来迎院に奉置されている。     

A、四条寺町

「絵図 城州愛宕郡泉涌寺塔頭来迎院抱四条通寺町東江入祇園御旅所 悪王子社」         
「御奉行所 天保十四卯年十二月 泉涌寺塔頭来迎院抱悪王子社」

※天明八年(1788)、大火を機に悪王子社は四条通祇園町大和大路ノ角へ移転。とされていた(『京都坊目誌』)が、天保四年(1843)にはまだ「四条通寺町東江入祇園御旅所」に在った事が判る。
※来迎院が悪王子「支配」となった経緯は、不明。
※現在では、来迎院は「祇園祭」との関わりは一切ない。


泉涌寺来迎院の本堂内部