トップページに戻る

■第4回 二上山総合調査研究発表会 & 調査写真パネル展  終了しました

 二上山の豊な自然や歴史・文化をより深く知っていただくため、二上山総合調査研究会の調査で明らかになったことについて発表していただきました。

■研究発表会 演題・発表者
 (二上山総合調査研究会会員による発表)
◆と き 平成18年2月25日(土)
研究発表会    13:30 〜 16:00
調査写真パネル展 12:30 〜 16:30
◆ところ 生涯学習センター ホール (ウイング・ウイング高岡 4階)

発表内容と発表者
(二上総合調査研究会役員)

■ 二上山総合調査研究会 会長の挨拶 太田 久夫

■ 児童文化協会副会長  樽谷 雅好さん
「京都・祇園祭の悪王子」 (レジュメはこちら)
二上山の「前の御前」に祀られている『悪王子』という神さまと、京都・祇園祭の悪王子について 

■ 日本鱗翅学会員   大野 豊さん
「二上山の蝶に見られる温暖化現象」 (パワーポイントスライド)
二上山で見られる蝶の変化を通じて感じる地球の温暖化現象について

■ 前高岡市文化財審議会委員   古岡 英明さん 
「守山ふもと 古国府城でわかってきたこと」 (発表要旨)
守山城主神保氏張が勝興寺に与えた古国府という「地」が、佐々成政、神保氏張にどのような役割を果たす土地だったのかということについて


調査写真パネル展

テーマ 「築山行事」を支える人々 −築山文化を今に伝える−
会 場  生涯学習センター ホワイエ (4階 ホール前) 

※築山行事: 天上から降臨する神を祭壇に迎える古くからの信仰の特色を良く残しているというので県の無形民俗文化財の指定を受けています。この行事は毎年四月二十三日二上射水神社の春祭に行なわれます。