トップページに戻る

■二上山の野鳥について

平成16年2月8日
日本野鳥の会 富山県支部
折田 一実

 2001年10月〜2002年9月までの1年間、二上山で鳥類の生息調査(季節変化)を実施したので、ここに報告します。

1.概要

 二上山は高岡市の北部に位置し北東部は雨晴・国分で富山湾に面している。
 二上山塊として二上山(274m)をはじめ、鉢伏山(210.9m)大師ヶ岳(253.6m)摩頂山(251m)の峰々があり、富山湾側には、溜池が散在し山の鳥及び水辺の鳥が数多く生息している。

2.調査方法

  定点観察法を中心にラインセンサス法を取り入れて実施した。

3.調査地

  3.1 林道白山
      気多神社〜国分の滝
  3.2 キャンプ場
      御前下〜キャンプ場(二上青少年の家方面)
  3.3 与茂九郎池等

  二上山 探鳥会の様子  H15.5.24

気多神社 
 林道白山の起点付近
林道白山 二上山キャンプ場

4.調査結果

◇ 4.1 調査日数
   2001年(19日)、2002年(37日)の56日間。
   特に渡りの時期は野鳥が多く観察される事から、4〜5月及び10月〜
  11月は各々13日間調査を実施した。
   また春は野鳥の繁殖時期にあたり、日の出から行動が活発となる為原則
  朝6時を観察開始時期とした。
   
◇ 4.2 観察・記録された鳥類
12ヶ月の調査で記録された鳥類は19科88種に達した、これを渡りの種類別に分けてみると次のようになる。
ア) 留鳥 50種   季節ごとの移動はせず、1年を通して同じ地域 に生息する種           
イ) 夏鳥 27種   春季に日本より南の地域から渡来して繁殖し、秋季に温暖な南の越冬地へ渡る種
ウ) 冬鳥 11種   秋季に日本よりの地域から渡来して越冬し、春季には北の地域へ渡り繁殖する種。
エ) 旅鳥  0種   春季と秋季の渡りの途中において日本に立ち寄り通過していく種。

◇ 4.3 渡りの種類別と特徴

ア) 留鳥
コゲラ、ヒヨドリ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、
ホオジロ、ハシボソガラスが毎月観察され出現率が高かった。

ホオジロ メジロ コゲラ

イ) 夏鳥
キビタキ、オオルリ、ヤブサメ等が繁殖している。

キビタキ オオルリ コサメビタキ

ウ) 冬鳥
ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、カシラダカ、マヒワ等が良く観察される

ジョウビタキ ウソ シメ

◇ 4.4 季節別種数(月別)


 

◇ 4.5季節別種名(月別

  H13   H14 
10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月
カイツブリ                  
カワウ                    
ゴイサギ                        
コサギ                      
クロサギ                    
アオサギ              
カルガモ                
ミサゴ        
ハチクマ                      
トビ    
オオタカ                      
ハイタカSP                    
ノスリ                  
サシバ                      
ハヤブサ                    
チョウゲンボウ                      
ヤマドリ                      
キジ            
ヤマシギ                      
ウミネコ                      
キジバト    
アオバト                  
ツツドリ                      
ホトトギス                
コノハズク                      
フクロウ              
アマツバメ                    
アカショウビン                      
カワセミ                    
アオゲラ                
アカゲラ        
コゲラ  
ショウドウツバメ                    
ツバメ            
イワツバメ                  
キセキレイ              
ハクセキレイ                    
セグロセキレイ                
ビンズイ                      
サンショウクイ              
ヒヨドリ  
モズ                  
コマドリ                      
コルリ                    
ルリビタキ                      
ジョウビタキ              
イソヒヨドリ                      
マミジロ                      
トラツグミ          
クロツグミ            
アカハラ                  
シロハラ          
ツグミ                  
ヤブサメ              
ウグイス      
メボソムシクイ                    
エゾムシクイ                  
センダイムシクイ                  
キビタキ                
オオルリ              
サメビタキ                      
コサメビタキ                    
サンコウチョウ                
エナガ  
コガラ                      
ヒガラ              
ヤマガラ  
シジュウカラ  
メジロ    
ホオジロ  
カシラダカ              
ミヤマホオジロ                    
アオジ            
クロジ                    
アトリ                  
カワラヒワ            
マヒワ                    
ベニマシコ                    
ウソ                
イカル    
シメ              
スズメ              
コムクドリ                      
ムクドリ                
カケス    
オナガ                    
ハシボソガラス  
ハシブトガラス    
種 数 24 30 19 20   34 58 50 43 29 33 39
調査日数 5 8 4 2   6 9 4 6 3 3 6
調査日数           3 15 7 7 5 5 0
担当者 折田 折田 折田 折田   折田 折田 折田 折田 折田 折田 折田
担当者           蔵野 蔵野 蔵野 蔵野 蔵野 蔵野  
場所 万葉 万葉 万葉 万葉   万葉 万葉 万葉 万葉 万葉 万葉 万葉
  CAMP CAMP CAMP CAMP   CAMP CAMP CAMP CAMP CAMP CAMP CAMP
    白山 白山 白山   白山 白山 白山 白山 白山 白山 白山
            毘沙
門天
  気多
大社
与茂九   与茂九 与茂九
                  太田自   国泰寺 太平道
備考                        
万葉:万葉ライン CAMP:二上キャンプ場 白山:林道白山 与茂九:与茂九郎池
種別の色分け 留鳥 夏鳥 冬鳥      


5.その他、二上山の鳥類記録

  1980年 14種 第11回高岡二上山探鳥会 1980.3.23.
(富山県野鳥保護の会) 愛鳥5号

  1982年 15種 第5回二上山探鳥会 1982.6.6
(富山県野鳥保護の会) 愛鳥9号

  1985年 17種 第14回二上山探鳥会 1984.3.18
(富山県野鳥保護の会) 愛鳥11号

  1985年 17種 第14回二上山探鳥会 1985.3.17
(富山県野鳥保護の会) 愛鳥11号

  1989年 20種 富山県の鳥類(1981〜1988)
           (富山県)富山県野鳥保護の会編  

6.考察

 春(4月〜5月頃)に夏鳥が二上山にやって来て、留鳥と共に賑やかになる。
 特にキビタキが二上山では多く観察され(2002年5月観察:45個体)オオルリと共に夏 鳥の代表で、綺麗な囀りを聴かせてくれる。
 またサンコウチョウが観察されたことは、良い環境である証拠と思われる。
 なおワシ・タカ類(食物連鎖の最上位)ではミサゴが数箇所で繁殖しキビタキと共に二上山の特徴といえる。           
 夏鳥のピークは4月〜5月で、冬鳥は11月がピークであることがわかる。


 調査期間で観察された鳥の種類は88種に達し、過去の記録(1981〜1988)51種(今回の記録種以外20種含む)を考慮すると、37種が新しく追加されたことになる。
 二上山と環境が似ている呉羽山(呉羽丘陵)のデータ(1995年〜2002年 日本野鳥の会 富山県支部)は年間観察合計55種(2001年)、月平均観察種19種(二上山:34種)となっている。
富山県全体で報告の有る213種(2002年 日本野鳥の会 富山県支部)の41%を占める。
これは渡りの時期(春及び秋)多くの野鳥が二上山(海に近い関係か)を利用していると考えられる。
今回の調査では国分、雨晴等の海岸沿い及び溜池等が調査不足であり、今後の調査で観察鳥種は増える(水辺の鳥)と思われる。

7.参考文献

高野伸二 1996.フィールドガイド 日本の野鳥 (財)日本野鳥の会

  真木広造 大西敏一 2000.日本の野鳥590 平凡社

  富山野鳥保護の会編 1989.富山県の鳥類 富山県

 (財)日本野鳥の会 富山県支部 1997.富山でバードウォッチング 桂書房

富山県野鳥保護の会 愛鳥5号1980 愛鳥9号1982 愛鳥11号1985 

 (財)日本野鳥の会 富山県支部 愛鳥35号、37号、39号、41号、
                 45号、47号、49号(1996〜2003)