トップページに戻る

■ 沖縄などの南西諸島で生れたトンボが二上山を飛んでいる!!

動物班 大野 豊


ウスバキトンボ
Pantala flavescens(Fabricius)
撮影:大野 豊

 今、二上山の頂上や城山の広場に無数のトンボが群れ飛んでいるのが見られます。これは秋に見られるアカトンボではありません。

 春早く南の沖縄などの南西諸島で生まれ、西風に乗って飛んできたウスバキトンボです。

 大きさはアカトンボと同じ位ですが羽が黄色みがかっているのでこの名があります。11月中旬まで見られますが当地では越冬出来ず、死に絶えます。そして、来年の夏になると叉、やって来ます。