トップページに戻る

■ アオバセセリの移動行動

動物班 大野 豊


アオバセセリ  撮影 大野 豊

 5月15日二上山の蝶の調査に出かけた時、アオバセセリの今まで見たことがない行動を観察しました。

 通常、移動する蝶として日本列島を横断するアサギマダラや、春に温暖な地方で発生したイチモンジセセリ、チャバネセセリが、二上山の城山の稜線を越えて行くのを良く観察出来ます。

 当日、城山にいるとアオバセセリが次々と東方から西方に通過して行くのが見られました。その数は初め、気にしていなかったので数えていませんでしたが、数え始めると30分間に5頭同じ東方から西方に飛んでいきました。アオバセセリはこの時期、二上山では頂上付近で、オスが木陰で縄張りを作り旋回しているのを観察できますが、複数が一直線に同じ方向に飛んで行くのを見たのは初めてです。

※「二上山文庫1 二上山の蝶」 28ページにアオバセセリを紹介
(「二上山文庫1 二上山の蝶」:高岡市内の書店で販売中)