高岡フィンランド協会

HOME本協会について入会方法交流事業啓蒙事業情報サービス広報・出版フィンランド関係団体リンク

― 富山大学芸術文化学部のフィンランド関連情報 ―



Lahti University of Applied Sciences‐Student works from Finland         

ラハティ応用科学大学 学生作品展


■開催期間:2017年3月14日(火) 〜 23日(木)
■場  所:国立大学法人富山大学 高岡キャンパス2Fエントランスホール


 平成9年の友好交流協定締結以来、国立大学法人富山大学と相互交流を続けている、フィンランドのラハティ応用科学大学の学生
作品展が平成29年3月14日(火)〜23日(木)まで富山大学高岡キャンパス2Fエントランスホールで開催されます。
3月14日(火)にオープニングセレモニーがあり、ラハティ応用科学大学のアリ・キャンキャネン学部責任者から作品紹介される予定です。
入場は無料です。下の写真は、2013年に開催された時の写真です。  

  

  


富山大学芸術文化学部 公開講座のお知らせ

『北欧風木製カップ、木製匙の制作』

 
  ▲フィンランドのククサ    ▼小松教授制作の木製スプーン
   


★申込方法等 詳細は富山大学の公開講座のサイトをご覧ください。


富山大学芸術文化学部の公開講座でククサ風の木製カップや木製匙の制作に挑戦してみませんか?
ククサ(Kuksa)とはフィンランドでは出産祝いに親から子へなど、愛する人に贈られる伝統的な木製マグカップです。贈られた人に幸運をもたらすと言われています。
ラップランド地方の原住民であるサーメ人はククサを常に腰にさげて、遊牧生活を行っていたそうです。


■講座の概要
特殊な刃物を使って生木を彫り、スウェーデンやフィンランドなどの北方文化圏で伝統的に作られてきたカップや匙を制作します。
水分を多く含んだ木材を加工する体験を通して、乾燥による割れを防ぐ方法や、使い安さを考慮したものづくりを学びます。

■開催期間と実施時間
2009年6月1日(月)〜6月10日(水)/18:30〜20:30(8日間16時間)

■講師  小松 研治 芸術文化学部・教授(木材造形)
      渡邉 雅志 芸術文化学部・講師(プロダクトデザイン)

■募集人員: 10名



Lahti University of Applied Sciences‐Student works from Finland         ---- 終了しました----

ラハティ応用科学大学 学生作品展


■開催期間:2008年1月21日(月) 〜 29日(火)
■場  所:国立大学法人富山大学 高岡キャンパスTSUMAMA-HALL


  


 平成9年の友好交流協定締結以来、国立大学法人富山大学と相互交流を続けている、フィンランドのラハティ応用科学大学の学生
作品展が平成20年1月21日(月)〜29日(火)まで富山大学高岡キャンパスTSUMAMA-HALLで開催された。ラハティ応用科学大学学
生作品展は今回で3回目を数える。
 ファッションやジュエリー、グラフィックデザインなどの作品をはじめ、フィンランドのメーカーとの産学連携で商品化した陶器作品や
電池式自動車の模型などが展示された。
 オープニングでは、西頭徳三学長や前田一樹芸術文化学部長が挨拶し、ラハティ応用科学大学のアリ・キャンキャネン学部長代理
(通訳:児島宏嘉同対日交流主幹)が各作品について詳しく解説した。

  

  

Copyright (C) 高岡フィンランド協会 All Rights Reserved. tpl by pondt