高 岡 市
市長 佐藤 孝志 様

2003年9月18日
 「たかおか男女平等推進センタープロジェクト」実行委員会  
(略称「e(いい)センタープロジェクト」)
実行委員会代表  巴陵嘉子

要 望 書

 去る6月、私たちの暮らす高岡市に「高岡市男女平等推進条例」(以下「条例」という)が制定されました。その推進拠点である「男女平等推進センター」が入居する高岡駅前再開発ビルが完成まで6ヶ月の現在ですが、施設の運営等に関しては、いまだ行政と市民との協働協議が始まっていません。
 私たちは、平成元年より「女性センター」を要望し、そのための活動を続けてきた「高岡女性の会連絡会」を中心に広く市民に呼びかけて、「条例」に定めるところの「市民の責務」(第五条)を全うするため、「たかおか男女平等推進センタープロジェクト」(略称「e(いい)センタープロジェクト」実行委員会(以下「実行委員会」)を立ち上げました。(2003年8月8日設立。詳細は、当「実行委員会」ホームページ参照http://www.senmaike.net/e_center_p/index.html)
 今やまさに行政と市民の協働の時代です。今後の高岡市活性化への道は、これまで学習や実践で力をつけてきた市民の参画なしでは達成できないものと思います。
駅前再開発ビルは、「男女平等センター」と共に、「生涯学習センター」「図書館」も入る市民参画の砦、発信基地ともなる施設です。当実行委員会は、"元気な高岡市"の拠点施設となることを願い、下記の通り要望します。


一、「男女平等推進センター設置条例」を制定するために、市民参画のもとで「設置条例検討委員会」を早急に立ち上げること。そこに当「実行委員会」から複数の委員を選任すること。

二、「生涯学習センター」、「男女平等推進センター」、「図書館」の3部門全体の「運営準備委員会」について
 1.「運営準備委員会」立ち上げの現状を明らかにすること。
 2.「運営準備委員会」の委員に当「実行委員会」から複数の委員を選任すること。

三、「男女平等推進センター」の企画・運営を検討する「委員会」について
 1.これまで「高岡女性の会連絡会」が要望してきたように、男女平等政策の専門家(女性)を館長に選任し、その館長のもと、早急に、企画・運営を検討する「委員会」を立ち上げること。
 2.「委員会」は、長年専門的に調査研究や実践活動を続けてきている当「実行委員会」のメンバーを最大限活用し組織すること。

以上

トップページに戻る