「たかおか男女平等センタープロジェクト」実行委員会 第6回全体会 議事録

日 時:2003・10・7(火) 19:00〜21:00
場 所:中央公民館 第1会議室
配布資料:レジュメ・高岡女性の会連絡会14年間のあゆみ・高岡女性の会連絡会が提出した要望書、提言書、意見書・発会式用チラシ・高岡女性の会連絡会「ゼミナール2003」「高岡市男女平等推進センター」に関する最後の要望
参加者: 14名
司会進行:山下清子


内 容:
1. あいさつ・経過説明〈巴陵委員長〉
1日に発会式のチラシ作り。2日、事務局と市連婦会長、副会長との情報交換。3日、女性の会連絡会定例会で発会式のお知らせ。9日の女性の会連絡会ゼミナールに向け、市長宛の要望の最後のまとめをしましょう。発会式のチラシを沢山の方々に届けましょう。

2. 第5回全体会のつづき
設置条例:単なる事務手続きの為のものでは無く、細かいところをしっかり規定して欲しい
    文化振興事業団職員募集:市の広報に掲載されていた
    審議会なし:1月迄のブランク。その中での市長との話し合いをどうすべきか。

3. 「2003女性の会ゼミナール」での市長との話し合いについて
  女性の会からの要望書:「館長について」・「専門員の公募を!」・「利用者の参画について」
  eセンタープロジェクトからの要望:
  「館長について」→市、所管課長との関係が対等かどうかが重要
              何事につけても市に聞いてから?という責任の無い態度は困る
  ・センターを市の下請けにしない、意欲のある市民の意見を聞ける人
  ・館長の条件を条例に入れては?
   尾崎議員への答弁(職員の資質向上の為の研修について)を踏まえ
   館長は男女共同参画の視点を持っていて当然
   →行政評価は男女平等問題処理委員会に問う?
   「専門職員」→現場主義の人が欲しい
  ・事業団職員募集?年齢制限→専門職を規定すると賃金が高くなる(誤解を招く?)
   「市民参画」→管理、運営委託は事業団と言わず市民に任せて欲しい
  ・事業予算が決まらない中ではあるが、既に成すべき事はいくつか決まっている筈だから、その部門をいくつか民に任せる事も考え得る。
  その他の要望→実動部隊であるネットワーク会議は必要で審議会が不在なのは何故か
  市民の声を取り上げて欲しい?情報公開、市民運動サポート、現場主義
  男女平等問題処理委員会の人選は?
  官と民では熱気ややる気が違う事が他自治体のセンターの例でも明らか
  女性のみならず男性対象の男性相談員がいても良いのでは?
  ゼミナールで発言する意見:
        向・・・設置条例に規定して欲しい事
        本林・・市民も行政も協力してレベルアップを目指そう
        斉藤・・男女平等推進に関する市民による審議会の不在について
        伊藤・・センターと本課の責任分担について
        小川・・市民への委託事業について
        山口・・市民参画について
        久湊・・センター男性職員への育児休暇取得徹底について

4. 発会式について
  講師 高橋ますみさんとの連絡で
  女性の元気と市町村の元気は比例する。男性に聞いてもらいたい話。→男性を集めよう!
  無料で託児←自立、起業の話しだから若い女性に聞いてもらうため。誰か専門の人を雇う。
  行政、市長を招待して、eセンタープロジェクトの集客力、底力を見てもらいたい。
     そのためには、商工会、商店街、PTA他女性ネット以外に声を掛けねば!
     →オープニングイベントにつながる

5. 会員の勧誘について
    高岡市以外の人にも声を掛けよう!→市外の人に元気を貰おう。同条件で。

6. 今後の活動
    次回全体会?Aグループ中心に発会式に向けて
    10月14日(火)午後7時から 中央公民館 2階 会議室

7. その他
    10/10(金)午後7時から 講座「市民力を生かす」 ふれあい福祉センター
    10/25(土)武生市 ノルウエーからオンブッド来日 クリスティン・ミーレ氏

以上

トップページに戻る