「たかおか男女平等センタープロジェクト」実行委員会 第10回全体会議事録

日 時:2003・11・11(火) 19:00〜21:00
場 所:中央公民館 第1会議室
配布資料:レジュメ・これまでの収支報告書
参加者: 13名
司会進行:山下


内 容:
1. あいさつ・経過説明
 4日にKNBラジオ「相本商店」インタビュー
 10日中林さんと話し合い
 センター長に決定権は必要。運営協議会に利用者を入れるべき
 行政主導だと色々制限があることも
 夜間対応について→警備保障やシルバー人財センターでは利用者が困る
 発会式会計報告 収入:13、100円 支出:60、245円
 発会式アンケート結果 キーワードが広い分野に渡っていた
 自由記述に良い意見多数
 その他 10/31市民企画講座  ニューズレター高岡版発刊に向けて
 11/8プランシンポジウム  江橋先生の講演
 →市政要覧のデータを読みこなせる力をつけなさい
 →苦情処理の落とし穴、利用し易くしないと無意味
    
2. 予算時期に向けての要望書
    企画 アイディア段階のものをどんどん出して各自責任を持って立ち上げる
       予算を立てて、自分達が講師を勤めるくらいの覚悟で
    調査 労働格差等の具体的調査を市に依頼
       専門家に調査内容を依頼
    行政に対して 企画集団として売り込む?
       センターが動くためのシステム作りを成功させる事ができるかが鍵
       実績重視だけの行政のあり方を変えていけるか
       企画選考委員会に市民の視点を
       現在動いている人を発掘、紹介する事が先決事項
       4つの柱それぞれに関わる人間を募り、登録
    具体的な講座 エンパワメント学習会/女性の自立/男性の自立/向老学/セクシャルマイノリティー/女性史/フェミニストカウンセラー養成/ニューズレター/北前船と女性/平等参画プロデュース/町再発見/パフォーマンス/更年期/私の葬式/女の身体/在日外国人/女性学基礎講座/メディアリテラシー/女性運動の歴史/市民会議/若者とジェンダー/結婚整理学etc…

3. 今後の活動
    センターの周知の運動、システム作りに関する担当課との調整を平行して行う
        運営協議会/設置条例/事業企画について行政と話し合い(事務局)
    eセンタープロジェクトはパイプ役
        各自の動きを基本に活動を皆で支援、参加するネットワーク
    市民に向けての発信
        具体的な活動をしている人を発掘、ネットを目指す
    男女平等問題処理委員会
        ミニパンフや名刺大のカードチラシを作って広報に勤めて欲しい
        身の回りの人達に声を掛けて相談するよう呼び掛ける
    利用者登録を始めてもらいたい
     A・Bグループは発展的改組
         各自で動き出す/事務局は行政との交渉窓口/関心やテーマ別に集まる/今まで無関心だった人にも声かけ

4. その他
    11/29(土)午後1時半? 講座「鮮度のいい生き方をしよう」 サンフォルテ303
    次回全体会 11月19日(水)午後7時? 中央公民館第3会議室

以上

トップページに戻る