2008年1月13日 アイススケート&北日本新聞社見学

毎年恒例のアイススケートと今回初めての北日本新聞社「越中座」の見学をしてきた。
スカウト20名、デンコーチ2名、デンリーダー4名、隊長・副長4名の計30名、車両5台に分乗して能町公民館を出発。
昨日のような雨風ではなかったが小雪が舞う肌寒い日だった。
スケート場の入り口にはガールスカウトも大勢待っていた。
準備運動をして中に入りスケート靴を履こうとしたが思うように履けずリーダーの手を借りるスカウトがほとんどだった。
慣れたスカウトはいきなりリンクを滑り出すが初めてのスカウトは手すりから手が離せなかった。
2時間近く滑り、足が痛くなってきたのでスケートは中止。
お腹が減ったのを我慢して北日本新聞社の「越中座」へと向かった。
ゲストハウスで昼食をとらせていただき、1時半から約1時間施設の説明を聞いた。
毎日当たり前のように読んでいる新聞だが、出来上がるまでの仕組みを聞いて感心させられた。
最後にメディアプラザで色々な体験をして予定時間を多少オーバーして帰路に着いた。
3年後ぐらいにもう一度訪れたい場所のひとつだ。


寒い中みんな元気に集合


やったー!スケート場に到着


準備運動、「いち・にー・さん・しー」


スケート靴の紐を縛るのは大変だ


慣れたスカウトはいきなり滑り出す


おっと危ない


あ〜、滑っちゃいました


デンコーチとデンリーダー


みんな仲良く掴まって


デンリーダーさんに支えられて


なんと今年に入って2回目のスケート!


あ〜、一緒に転んじゃった


みんな上手に滑ってますね


そろそろ一人で滑れるかな?


随分上達したね


余裕の笑顔


ほらこの通り


あ〜、疲れた


うさぎスカウトも上手くなってきた


そんなに大勢で大丈夫?


スケート教室の様子


座ったままで楽チン


かっこいいー


副長さんも楽しそう


ガールスカウトも大勢来ていた


足が痛くなってきたので中止


越中座でカブ弁当をいただく


副長から注意事項を聞く


全員で記念撮影


新聞が出来上がるまでの説明を聞く


次はビデオ上映


最後に自転車に乗って新聞配達


いつも、げ・ん・き!

戻る