2007年8月5日(日) 早朝ハイク&ペットボトルロケット

昨日から天気が心配されたが大雨にはならないだろうと予定通りプログラムを実行した。
朝4時に能町公民館前に集合。
玄関の蛍光灯でみんなの顔がやっと見える程度だ。
今回は家庭の都合や野球の試合とかで参加スカウトは9名だけだった。
参加リーダーは隊長と副長が4名、デンリーダーが途中参加を含め2名、保護者が2名の計8名で心強かった。
片道約2.5kmで25分ほどで城光寺球場に到着。
本来ならちょうど太陽が顔を出す時間だが今日は雲がかかっていてなかなか見られなかった。
それでも段々と雲の合間からまぶしい陽が差し込んできてなかなか綺麗だった。
日陰に移動してペットボトルロケットの製作だ。
スカウトの人数が少ないので1組、2組+3組、4組でそれぞれ3名ずつの組に分かれて作ることにした。
僕はその間にカブブック、チャレンジブックの確認をしてサインをした。
ちょうど7時にペットボトルロケットが完成し、カブ弁当をいただいた。
全員で飛ばし始めたころビーバー隊が到着。
挨拶を交わした後、ビーバースカウトも混じって飛距離を競った。
向かい風でなかなか飛距離は伸びなかったが安定して飛んだのは4組のロケットで78mを記録し優勝。
続いて40mの所にあるコーンに一番近く飛ばす競技では1組が優勝。
帰りは炎天下のなか、来た道を戻り予定通り10時に解散して本年度のすべてのカブ隊プログラムを無事に終えることが出来た。
あとは8月14日〜15日のボーイ隊からの招待キャンプが待っている。


薄暗い中能町公民館に集合


みんな元気に歩き出す


城光寺球場に到着


腰をおろして朝日が顔を出すのを待つ


5:22:02ようやく雲の合間から陽が差してきた


5:26:07


5:26:29


5:27:20


まぶしいくらいだ


ペットボトルロケット製作開始


まずは説明書を読みカッターで切り取る


みんなで手分けをして作る


今回はボーイ隊の副長にも駆けつけていただいた


翼はなかなか難しい


保護者の方にも参加していただいた


もうそろそろ完成かな


その間に僕と副長とで準備を進める


150mラインまで準備したが最高飛距離は78mだった


スタート位置に3個の発射台を設置


太陽もずいぶん高く登った


そろそろ片付け


4組のロケット


1組のロケット


2組と3組のロケット


カブ弁当をいただく


さて、いよいよ発射準備


手始めにリーダーが飛ばしてみる


いいタイミングでビーバー隊が到着


参加してくれたビーバースカウトたち


さぁ、みんなで仲良く飛ばそう


空気を入れるのは大変だ


うまく飛んだかな


発射台の後ろは水しぶきがかかるぞ


だんだん慣れてきたかな


ビーバースカウトと一緒に空気を入れる


なかなかいいぞ


ちょっと低すぎたかな


物凄い水しぶき


最後はリーダーがお手伝い


いい角度だ


走って取りに行くビーバースカウトたち


水が多過ぎたようだ


これは空気が足りない


水がかかっても気持ち良いね


圧が強すぎると宙返りをしてしまう


保護者の方も飛ばしてみる


楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまった


さて、カブ隊も帰りますか


帰りは暑かったね


みんなお疲れ様でした


優勝組の表彰


ちょっと元気が無いぞ


今日は全員で「仲良しの輪」


「21団カブ隊、いつも、げ・ん・き!」

戻る