2007年4月28日(土) 第50回ボーイスカウト富山県大会1日目

今日から3日間太閤山ランドで第50回ボーイスカウト富山県大会が始まった。
高岡第21団カブ隊は今日、明日の前半2日間の参加である。
28日は早朝から雨が降っていた。
ボーイ隊は自転車で行くことになっているのだが、7時過ぎには雨は何とか納まってくれた。
カブ隊の集合時間は11:15分だが、11時前からまた雨が降り出してきた。
しかも雷や雹(ヒョウ)まで伴っている。(*_*)
全員雨具を着用して太閤山ランドのふるさとパレスへと向かう。
受付を済ませふるさとパレス前にてお弁当をいただく。
途中で雨も上がり、雨具と荷物はふるさとパレスに置いてオープニングセレモニー会場へと向かう。
そして1時30分から組毎に分かれてカブプログラムに取り組む。
今年のテーマは「おいでよ、スカウトの森へ」
太閤山ランド内に設けられた4つのエリアの15(国)のブースを回ってくるものだ。
どのブースも工夫を凝らした楽しいプログラムが待っていた。
全員クリアして、ふるさとパレスに戻ってからはデン作りを始める。
言い訳にしかならないが21団カブ隊は2〜3月、鼓隊練習に終われ県大会の準備は全く出来なかった。
合同組集会ではパスポートや民族衣装(帽子)を仕上げるので精一杯だった。
従って他のカブ隊みたいな立派なデンは作れずにスカウトには申し訳なかった・・・(反省)
夜はカレーライスをいただきナイトプログラムを楽しんだ。
その後は夜の太閤山ランドに繰り出して星座の観察をしてきた。
といっても分ったのは北斗七星と北極星ぐらいだったが。
後はシュラフ(寝袋)に入って爆睡、と言いたい所だが元気一杯のスカウトたちはなかなか寝てくれずに困った。


太閤山ランド前のコンビニに集合


ふるさとパレスへと向かう


雨も上がり外でお弁当を良いただく


リーダーにはちょっと物足りなかったお弁当


オープニングセレモニー


真剣に見学するスカウトたち


噴水と戯れる


ボーイ隊のサイトを見学


カブプログラムスタート


エリアD「韓国」(キムチと沢庵の匂い当て)


エリアD「フィリピン」(バンプーダンス)


エリアD「オーストラリア」(玉入れ)


エリアD「タイ」(タイの1本釣り)


展望台は157段の階段を使わなければならなかった


周りの景色を見下ろす


エリアA「ハンガリー」(ホイマシペーターを歌う)


エリアA「ギリシア」(ボールを落とさないようにリレーをする)


エリアA「オーストリア」(カエルの歌の合奏)


エリアA「ノルウェー」(鯨運びレース)


気持ち良い天気だった


エリアB「フランス」(積み木遊び)


エリアB「イギリス」(ユニオンジャックの説明を聞きながらおやつをいただく)


エリアB「オランダ」(小麦粉の中から飴を探す)


おいしい飴のためなら・・・


こんな顔でもヘッチャラさ


それでもうれしそう


途中でズックが沼地にはまってしまった・・・


でもスカウトたちは元気に歩いた


いよいよ最後のエリアC「カナダ」(ナイアガラの滝をよじ登ろう)


エリアC「アメリカ」(シーソーでハンバーガーを飛ばしてキャッチ)


エリアC「チリ」(コンドルを折って飛ばす)


記念撮影?


夜は大好きなカレーライス


お腹が膨れたところでナイトプログラム


1番最初に分ったのは21団カブ隊だった


デン作りの表彰を受けるスカウトたち


さぁ寝袋に入って寝よう


すぐには寝付いてくれなかったスカウト

戻る 2日目へ