2007年2月4日(日) かんじきハイク&そり滑り

2日目も朝から快晴の1日。
21団のビーバー、カブ、ボーイ隊で創立30周年記念の人文字「30」を描き記念撮影をする。
その後カブ隊はかんじきを履いてトントンの森へと出かける。
尻すべりの地点を過ぎてしまったことに気付いたがとりあえず不動棟まで降りた。
そこで雪合戦をして飴を配り、もう一度来たコースを戻り尻すべりの地点へと向かった。
去年に比べるとやはり雪が少ないがそれでも尻すべりは十分に楽しむことが出来た。
ジュースタイムの後はみんな楽しみにしていたチューブそりをした。
リーダーも童心に返りスカウトと一緒にそり滑りを楽しんだ。
最後の食事をいただき退所式を終え一路能町へとバスは向かった。
帰りはバスの中でアニメのビデオを見てトイレ休憩も取らずに予定より早く到着。
解散後、昨日怪我をしたスカウトの自宅を訪問し親御さんと怪我の具合を話をして帰宅。
今後のスキー訓練の反省点としなければなるまい。


朝は6寺起床


ボーイスカウトだけでも6団体


7時からは朝の集い


ラジオ体操


頭の体操


さて、ピンポン球を持っているのは誰だ


ゴー・バック・ヤー


うちはを隠しているのは誰だ


リーダーの名演技による100円玉渡し


2月4日生まれのビーバーさん「Happy birthday to you」♪


朝食


いただきま〜す


30周年記念の人文字


敬礼!


かんじきの付け方指導


みんな上手に履けたよ〜


気持ちいい森の中を歩こう


みんな、かんじき外れてないかな?


もう出口に来ちゃった


じゃ、雪遊びだ


雪合戦開始!


一人を集中攻撃するのは反則?作戦?どっち?


杉林(もうしばらくするとスギ花粉が・・・)


まだまだ元気だね


では尻滑りを始めよう(動画はこちら)


危な〜い!どいて!どいて!


わぁ〜!止まらないよー!


ジュースタイム


かっこいい!


今度はチューブそり


みんなで滑ればもっと楽しい


一度滑ったら止められません


どっちがスカウト?


不動ゲレンデ


鍬崎山もすっきりと


そろそろ撤収だ


最後の昼食(かまぼこにも「立山」の文字が)


中にはラーメンをおかわりするスカウトも


退所式


指揮をするボーイ隊


荷物をバスに運んで


さて出発するぞ


所員の方々に見送られて


3組、いつも、げ・ん・き!

1日目 戻る