2006年12月23日(土) クリスマス会

能町公民館でカブ隊のクリスマス会を行った。
今日の隊集会は2部に分かれていて1部はお正月の遊びの中から「駒まわし」と「羽根つき」。
2部は「クリスマスケーキ作り」だ。
駒は木製で自分の好きな色や絵を書いて仕上げる。
羽子板は組に1個で裏表に好きな絵を書いた。
駒を回せるスカウトは半分ほどで、半分はまず回し方から教える。
15分も練習すれば上手に回せるようになってきたので組ごとに一番長く回ったスカウトを代表者にする。
4組の代表者での決戦の結果、畔川君が接戦を勝ち抜き3組の優勝となった。
その後は羽根つきをしてみんなで楽しんだ。
2部のケーキ作りは事前に組集会で打合せしておいたのでみんな役割分担をして作業に取り組んだ。
早い組は30分足らずで仕上がったが、生クリームをハンドミキサーでホイップして作った組は完成までに1時間近くかかった。
隊長、副長でどの組が優秀か協議するが、どの組も甲乙付けがたくなかなか決まらなかった。
しかし今回は生クリームをホイップして作った4組を優秀組とすることにした。
ケーキを食べ終わった後もみんな駒回しをしたいようだったので解散時間までの間、みんなで駒を回して楽しんだ。


駒に色を着ける


なかなか綺麗だ


羽子板にも絵を書いていく


完成したら回し方の練習


段々上手になってきた


みんなで一斉に回そう


羽根つきはなかなか難しい


2部はケーキ作り


生クリームをホイップする


完成予定図


デンコーチは頼りになります


美味しそうですね


生クリームとチョコレートクリームの2段重ね


一番早く出来た1組


タイトルは「コアラのクリスマス」


ハイチュウやサラミが入った2組のケーキ


名づけて「おかしのかくれんぼ」


一人一人の個性が集まった3組のケーキ


見ての通りの「3組のクリスマスツリー」


完成まで1時間を要した4組


優勝した「30周年ケーキ」(一番上に「30」と書かれている)


みんな品評会


さぁ、いただきま〜す

戻る