2006年4月8日(土) 1泊舎営(鹿島少年自然の家)

前日までの晴天が嘘のように朝から雨が降っている・・・
しかも寒くて強風のおまけ付き。
それでも今日は楽しみにしていた1泊のカブ隊集会だ。
当日になって3名のスカウトが体調を壊して欠席になった。
隊長2名、副長1名、デンリーダー4名、スカウト16名の計23名でバスに乗って出発。
1日目はオリエンテーリングを行う予定だったが天候が悪く2日目のプログラムと入れ替えることにした。
入所式の後は竹で箸を作ることにした。
一本の竹を包丁を使って適当な大きさに割って小刀で削って各自自分で持ちやすい箸を作った。
そのあとは手打ちそば作り。
そば粉を「こねる」、「伸ばす」、「切る」と自分達で作ったそばを自分で作った竹箸でいただいた。
夜は小枝、どんぐり、松ボックリなど自然の材料を使ったクラフト。
作品例を参考にしながらみんな思い思いの作品を作り上げた。
お風呂は男女交代制なのでレディーファーストで女子が先に、男子は後から入りゆっくりと休んだ。


9:03 雨の中ピロティに集合


10:29 鹿島少年の家にて入所式


10:30 2隊1組の組長による代表のあいさつ


10:32 オリエンテーション


10:43 毛布のたたみ方を教わる


11:13 体を温めるために軽い運動をする


11:19 続いて跳び箱レース


11:37 所員の先生から作り方を教わり竹を割る


11:38 ナタよりも包丁の方が綺麗に切れるそうだ


11:39 今度は2つに割る


11:39 うさぎスカウトもチャレンジ


11:50 そろそろ昼食の時間なので中断


12:01 1日目の昼食


12:04 お待ちかねの昼食だ


12:55 早速竹箸作り再開


14:09 箸が完成したところで今度はそば作り


14:20 まずそば粉に水を混ぜて素早くかき回す


14:20 水の分量が非常に重要らしい


14:21 細かい粒を一杯作るように


14:22 慎重に水を少しずつ加えていく


14:37 十分こねた後は丸いボールにする


14:57 今度は手で少しずつ押して薄くしていく


14:56 次は伸ばし棒で伸ばしていく


15:04 大きくなると3人がかりで


15:05 さらに副長の力を借りる


15:21 最後は均一の太さに切る


15:23 少しずつずらしていく


15:46 お味の方は?


15:50 あっという間に無くなってしまった


16:34 夕べのつどい


16:58 早いけどもう夕食の時間


16:58 まだそばでお腹が膨れている


18:23 夜は自然の材料を使ってのクラフト


18:49 一番に完成


18:50 う〜んどうしようかなぁ


19:28 完成作品


19:28 どれも個性がある作品


19:28 中には2段重ねのものも


19:28 作品が出来たらお風呂に入ってゆっくりと休もう


2日目へ 戻る