2006年2月18日(土) B−P祭

2月22日はボーイスカウトの創始者ベーデンパウエル卿の誕生日(1857年)であり「世界友情の日」とさだめられている。
ボーイスカウトではこれを祝い、多くは2月22日の近くの土曜日か日曜日にB−P祭を行っている。
ベーデンパウエルはボーイスカウトの仲間の間ではその頭文字からB−Pと呼ばれ、親しまれている。
そこで、今年も高岡第21団ビーバー、カブ、ボーイ3隊でB−P祭を行った。
今年のテーマは「力を合わせて」
参加数はBVS6名、CS15名、BS14名、DL1名の36名を6組に分けてゲームを行った。
1 けんけんリレー
2 紙渡りリレー
3 足渡しリレー
4 ロープ潜り抜けリレー
5 本結びリレー
6 万歩計競争
7 新聞紙のジャンケン
以上7つのゲームで1時間30分盛り上がった。
これらのゲームのいくつかはボーイスカウト豊中第20団のHPを参考にさせていただきました。


式典開始


ソング「日本連盟歌」


団委員長のあいさつ


B−Pへの感謝のことば


ソング「世界の総長」


献花ビーバー隊


献花カブスカウト隊


献花ボーイスカウト隊


けんけんリレー


ズックを脱いで片足でけんけんをして戻る


紙渡りリレー


紙の上を渡り歩く


足渡しリレー


足だけで輪を渡していく


ロープ潜り抜けリレー


本結びリレー


本結びをして


大きな輪を作って


いわゆる「電車ごっこ」


万歩計競争


写真では分かりにくいが一生懸命その場で駆け足をしている


新聞紙のジャンケン


リーダーとジャンケンをして負けたら新聞紙を半分に


最初は「グー」、「ジャンケン!」


段々小さくなるとみんな抱っこしてつかまろう


優勝組表彰


「おめでとう!」


楽しかった祭典も終わり閉会式へ


ソング「永遠のスカウト」


弥栄三唱

戻る