2005年4月9日(土)〜10日(日) 砺波青少年の家

暖かな春の日差しの下、元気なカブスカウトたちは能町小学校ピロティに集まった。
みんな背中に大きなリュックを背負って後ろから見るとリュックが歩いているかのよう。
元気にカブコールをして大型バスに乗車。
目指すは砺波平野を眼下にする芹谷野丘陵にある砺波青少年の家
入所式を終えた後は昼食までの間カブブック、チャレンジブックの履修。
おいしい昼食を頂いた後は外に出てネイチャーゲームの始まりだ。
1番目は「色いくつ、音いくつ」
目の前に広がる風景からいくつの色を見つけることができるかというゲーム。
1本に木の幹でも日の当たる側と日陰の違い、緑でも葉の位置による違い、空の青でも上と下と、あるいは雲の色の違い。
といった具合に目に映るものの中からどれだけ多くの色があるか改めて感じることができた。
また、目を閉じ自然の音に耳を傾けてどんな音が聞こえてくるかを感じるゲーム。
2番目は「同じものを見つけよう」
見本の木の葉や木の実12点を1分間見て周りから集めてくるゲーム。
全部探してきたつもりでも持ち帰って比べてみると葉の形が違っていたり、抜けてたりで全部正解した組はなかったが7〜8割は正解した。
3番目は聴診器を使って木の幹や、木の葉の音を聞くもの。
本当に聞こえるのか始めは疑っていたスカウトたちだが聞いてみてみんなびっくり。
リーダーたちも真剣に木の音を感じていた。
4番目は「人工のものを探せ」
場所を変え、山道のコースを無言で歩き、セットした人工物を探すゲーム。
わずか30〜40mのコースの間だが何が隠されているかゆっくりとチェックしながら進み、ゴール地点で答えを紙に記入し後で正解を聞いてみんな驚いた。
これで全部だと思っていた答え(9〜6個)だったが、なんと16個もの品物が隠されていたという。
最後は「目隠しトレイル」
21団流に言うなら「暗夜航路」だ。
ロープが張られたコースを目隠しをして歩くという単純なものだが、「視覚」という五感のひとつが欠けただけでどれだけ行動の自由が利かなくなるか感じされられたゲームだった。
以上青少年の家の研修プログラムを利用させていただいたがどれも感心させられたものばかりだった。
夕べのつどいは所員の方によるたのしいゲームで時間を忘れて遊びまわった。
時間はまだ早いが夕食を頂いた後は、夜のプログラム「プラバン」と「チーフリング」の工作だ。
ノートの半分ほどのプラバンに各自思い思いの絵を描きオーブンに入れてあっという間に出来上がる。
早く終えたスカウトからチーフリングの製作に取り組んだ。
図を見ながらではなかなか難しく、リーダーに教えてもらいながらチャレンジした。
お風呂に入った後は組長、次長によるイエローバー会議。
明日の予定を伝えた後はリーダー会議が待っている。
コーヒーを飲みながら今日の反省と明日の打ち合わせを行い、就寝したのが11時をまわってからだ。
翌朝6時前に目を覚まし、スカウトたちの様子を見てまわるとロビーでオセロをしていたり、本を読んでいたりとみんなほとんど起き出していた。
朝のつどい、朝食、清掃と順調に進み、メインプログラム「追跡ハイキング」に出かける。
5分間隔で次々と組ごとに出発。
あらかじめコースに設定された追跡サインに従ってハイキングをし、途中のクイズを解きながら仲良く進んでいった。
僕は先頭の組について行ったのだが千光寺で他の組に次々追いつかれてしまった。
それでも一番に出発し見晴らしの丘で11時だというのに昼食を頂くことにした。
階段を登ってくるスカウトたちを見ているとリーダーたちが一番疲れているように見えた。
最後の組の記念写真を撮り終えた後、先頭の組に追いつくために先を急いだ。
なかなか追いつけずにいたが和田川橋でようやく先頭組に追いつく。
どうして早いのかと思ったらまだ昼食を食べてないと言うことだった。
結局青少年の家の前で昼食を食べることになった。
その後最終組が来たのは1時間以上も経ってからだった。
しかし、コースを間違えた組はなくほっとした。
最後に評価を行い退所式では所員にも名前を覚えれてしまったTS君にスカウト代表の挨拶をしてもらった。
何も見ずに言ったのだが驚くほど上手に答えてくれてやればできるじゃないと感心した。
バスの中では昨日作れなかったチーフリングを作ってきた
あっという間に能町小学校に到着し、楽しかった2日間を無事に終えることができた。


入所式でのスカウト代表挨拶をする1隊2組の組長


カブブック、チャレンジブックの履修


1日目昼食


ご馳走様でした


午後のプログラム「同じものをみつけよう」


同じものを探しに周りを観察をするスカウトたち


聴診器を木の幹にあて音を聞くスカウト


人口のものを探せのコースを歩く


目隠しをしてロープを伝って歩く


夕べのつどいで旗を降ろす


「狼が来たぞ」の号令で逃げ回るリス


所員による楽しいじゃんけんゲーム


1日目夕食


体を動かした後の食事は一段とおいしい


3階から見えたきれいな夕焼け


プラバンの説明を聞くスカウト


思い思いの絵を描く


完成した作品


組長、次長のイエローバー会議


リーダー会議


2日目シーツをたたむ


朝のつどいでの国旗掲揚


元気にラジオ体操


2日目朝食


いただきまーす


追跡ハイキングの始まり


所員の方から説明を聞く


途中の問題を解く


千光寺前にて


見晴らしの丘にて昼食


2日目昼食


1隊3組


2隊1組


1隊1組


2隊3組


2隊2組


1隊2組


優勝組にエールを送る


エールを受ける優勝組


退所式ではバシッと決めてくれた2隊2組の組長TS君


無事に帰ってきてお別れです


戻る