2004年11月21日(日) 大師ヶ岳〜二上青少年の家ハイキング

今回は保護者の方にも一緒に参加していただいた。
天候が心配されたが朝は快晴に近い天候だった。
ところが、11時ごろから雨が降り出し12時ごろには本降りになってしまう。
朝8時15分スカウトハウスに集合しJR能町駅から雨晴駅まで電車で移動。
そこからはすべて歩きだ。
雨晴駅では暗号クイズを出して組ごとに時間差を設けて出発。
第一チェックポイントは「どこへ行けばいいの」(方位・距離)ゲーム。
一番近い組は2隊2組で誤差がわずか0.8mで優勝。
第二チェックポイントは「何があったかな」(キムス)ゲーム。
41個の品物のうち一番多く当てた組は1隊2組で30個正解。
お昼は大師ヶ岳で頂いたが他のグループの方もいて雨の中にぎわっていた。
体も冷えてきたので予定よりも早く青少年の家に向かうことにする。
下り坂は雨で滑りやすく気をつけなければならなかった。
二上青少年の家で優勝組の表彰を行い予定より1時間ほど早くスカウトハウスに着く。
スカウトよりもリーダーや父兄のほうが大変な隊集会だった。
本日歩いた距離は約12km(標高差を考えず)


スカウトハウス前に集合


長柄団委員長の挨拶


JR雨晴駅前で磯部隊長の話を聞く


出発前の暗号クイズ


太田キャンプ場に向かう


「どこへ行けばいいの」ゲーム


「何があったかな」ゲーム


大師ヶ岳到着


植物園駐車場でトイレ休憩


二上青少年の家へ向かう


表彰を受ける1隊1組


小矢部川を渡りスカウトハウスまでもうすぐ


戻る