2009年3月22日(日) この木何の木&ブーメラン

晴れたら二上山での屋外活動を計画していたが雨だったので能町公民館での活動とした。
今回のテーマは「この木何の木」
野山には細長い木や丸い木、横に大きく広がる木など色々な形の木がある。
春夏秋冬によって同じ木でも違って見えたりもする。
しかしほとんどの木は幹があり枝があり葉がある。
今回は大きな紙を半分に切っていき、太い幹、その半分の幹、そのまた半分の枝、そのまた半分の・・・
するとこれが随分大きな木に成長していく。
幹や枝が出来上がったところで葉や花や木に集まる昆虫などを作る。
最後に完成したところでみんなで記念撮影。
残りの時間でブーメランを作り飛ばしてみた。
出来れば外で飛ばしてみたかったのだが雨が降っていたので残念。
工夫次第では面白い飛び方をするブーメランだ。


副長から木のお話を聞く


段々興味がわいてきた


ではさっそく取り掛かろう


みんなで紙を切って幹や枝を作る


幹や枝ができた


次は葉や花や虫を作ろう


可愛い葉っぱ


随分にぎやかになってきた


思い思いの作品を貼り付けよう


さて次は何かな


これはカッコいい


完成したところで記念撮影


ちょっと上から


おっ、風が吹いてきたぞ


あー、木が・・・


風に飛ばされてしまった


次は簡単に出来るブーメラン


上手く飛ぶかな


あとは練習次第


できれば外で飛ばしかたっかね

戻る