2009年2月8日(日) スキー訓練2日目

2日目の活動予定は「動物の足跡探し」だ。
とんとんの森は昨日散策したので今日は大丸山の途中まで歩いた。
あちこちにウサギの足跡を発見できてスカウトたちは大喜び。
休憩したあとはお尻で山道を滑り降りてまた大喜びのスカウトたち。
そしてゲレンデに付くと誰もいない状態。
ならばやるしかないでしょう。
みんなそりを持ってきてスキーゲレンデを上から下まで一気に滑り降りた。
やはりこれだけ滑る距離が長いと楽しさも倍増だ。
これを見ていたカブ隊も途中から一緒に滑り出した。
調子に乗ってあまり長く滑っていると怪我の元。
ころあいを見てビーバー隊は引き上げて館内でゲームを楽しんだ。
例年に比べると雪は少し少なかったが天候には2日間とも恵まれて満足できる活動が出来て感謝。
来年の冬もまた来るぞ。


大きなシーツをたたむのは難しい


モップ掛けなら大丈夫


朝のつどい


じゃんけんゲーム


朝食


「いただきます」


休憩時間


今日も天気は良さそうだ


部屋の点検もOK


どんな足跡が見つかるかな


雲を眺める


気温もそれほど寒くない


木に付いた雪


結構急坂だった


飴を舐めて休憩


帰りは尻すべり


雪に顔型を付けるとこんな顔になっちゃった


おっ!これは何の足跡だろう?


ゲレンデはビーバー隊で貸し切りだった


何度も何度も滑っては登った


安定したすべり


僕も3回ほど滑ってみた


もう楽しくてやめられません


気持ちいいね


それを見ていたカブ隊も参加


段々人が増えていった


チューブそりは重いので持ち歩くのが大変


頭をぶつけちゃった


じゅうぶん楽しんだ後はジュースで乾杯


さぁ帰りの準備をしよう


昼食までゲーム


うちわでピンポン玉を扇いでリレー開始


意外と難しかった


では今度はうちわに乗せてよーいドン


これでも少し難しいかな


じゃ最後の手段は手のひらに乗せて


これならうまく出来ました


最後の食事


ロビーは21団のスカウトで溢れていた


退所式


さようなら


自然の家の後ろには鍬崎山


到着、お疲れ様でした


最後に団委員長の言葉


おまけ

戻る 1日目