2004年 7月24日(土)〜25日(日) ビーバーキャンプ(刀利青年の山研修館)

ビーバースカウト10人全員参加して福光町の刀利へサマーキャンプに行ってきました。
暑い2日間でしたが、みんな元気に最後までプログラムを成し遂げました。
1日目はスカウトハウスからバスで1時間半をかけて移動。
バスの中ではキャンドルファイヤーの時に歌う歌の練習や、なぞなぞをしてあっという間に到着。
入所式をして、お昼ご飯を頂きました。
午後からは研修館の前の山へハイキングに出発。
途中、壊れかけた橋を渡ったり、カモシカを発見したり、クワガタを捕まえたりして展望台へ到着。
冷た〜ぃジュースを飲んで休憩した後は、体力があまっていたので着た道を戻りました。
予定では、すぐ研修館に戻る予定でしたが、クワガタに引かれてもう一度同じコースで引き返すことになりました。(スカウトの多数決で決めました)
講堂で、ペットボトルで昆虫採集の仕掛けを作りました。
それから空き缶でつくるカンブーメラン(戻ってくる空き缶)の製作。
揚げたてのおいしいエビフライの夕食を頂いた後はパスポートを描いてニューヨーク(入浴)へ出発。
熱いお風呂に入った後は、キャンドルファイヤーの時間です。
南隊長の手作りの紙芝居「葉っぱのフレディ」。
みんな紙芝居を食い入るように見たり、四季の歌を歌ったりして、楽しいキャンドルファイヤーが終わりました。

2日目は5時ごろから起き出すスカウトがいて、他の団体(中田児童クラブ)の迷惑にならないか、ひやひやさせられました。
朝の集いでは楽しいゲームを一杯しました。
手旗の練習もした後は、焼きたてのクロワッサンと、みんな御代わりをしたコーンスープが登場です。
おなかも一杯になり次は楽しみの一つの工作の時間です。
今回は竹で作る「でんでん太鼓」です。
初めてのこぎりや、キリを使うスカウトもいれば、手馴れたスカウトもいました。
全員完成させた後は冷たく、甘いスイカを食べました。
研修間に戻って、お家の人への絵葉書を書いたり、しおりを完成させたりしました。
30分ほどゲームをして、お昼はみんなの大好きなカレーライスでした。
これも、みんな御代わりをしました。
荷物を片付けて退所式を行い、館長さんや給食の伯母さんにお別れを言って元気に帰ってきました。
辛いこともあったけど、楽しい2日間でした。


スカウトハウスに全員集合


刀利青年の山研修館での入所式


お昼ごはんは「ろこもこどん」とスープ


ハイキングに出発だー


周りをよく見て葉っぱを探そう


丸太の橋をうまく渡りました


休憩所では冷たいジュースで一休み


研修館に戻ってから葉っぱの整理


空き缶で作った戻ってくる不思議な「カン・ブーメラン」で大会だ


外に出てバッタを捕まえました


「夕べのつどい」の後は1分間ゲーム


夜は、揚げたてのエビフライや、ソーメンでした


部屋に帰ったらパスポートに自分の顔を描きました


夜は南隊長手作りの紙芝居「葉っぱのフレディ」


あ〜、疲れた


お休み前の敬礼


2日目の「朝のつどい」


空き缶リレー


じゃんけんゲーム


手旗の練習


朝は焼きたてのおいしいクロワッサン


でんでん太鼓の説明を聞いています


いよいよ工作開始


真剣な表情です


完成した後のスイカはおいしかったね


今回は木の葉章が2枚当たりました


爆弾しりとりや、じゃんけんゲーム


退所式では宏樹君が挨拶をしました


おいしい給食を作って頂いた皆さんに「さよーなら」


全員無事にスカウトハウスに帰ってきました「お疲れ様でした」


戻る