2004年2月7日(土)〜8日(日) かんじきハイク&ソリすべり

国立立山少年自然の家の周りは積雪がなんと2m40cm!
この中でかんじきハイクや、ソリすべりを思いっきり楽しんできました。
1日目は雪の降る中を8時50分に大型バス2台にビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊を乗せて能町小学校を出発。
およそ2時間かけて国少立山に到着。ちょっと疲れてしまいました。
でも、おいしい昼食をいただき、元気を取り戻した後はカンジキをはいて外に飛び出しました。
ところが今年の積雪量は半端ではありませんし、昨日からの新雪が相当積もっていてカンジキを履いていても大人のお腹の辺りまで埋まってしまいます。隊長2人で交代で先頭をラッセルしながら道を作って進みました。
おかげでゲレンデに出たころにはへとへと状態でした。
ジュースを飲んで休憩した後はチューブのソリで滑って楽しみました。
ずっと続けていたかったのですが、みんな長靴や手袋に雪が入って手足が冷たくなってきたので続きはまた明日と言うことにして、部屋に戻って歌を歌ったり紙で作る竹とんぼを作って飛ばして遊びました。
夕べのつどいではみんなの町の自慢話をしたり、ゲームをしたりして楽しみました。
おいしい夕食をいただいた後は、カブ隊とビーバー隊での合同ゲーム大会です。
新聞紙を使った楽しいゲームであっという間に1時間が過ぎてしまい、あとは大きなお風呂に入って1日の汗を流しました。
みんな疲れたのかすぐに眠りに落ち、それぞれきっと楽しい夢を見たことでしょう。

2日目は雪上ゲームをして、普通はソリで滑れないスキーゲレンデを使わせていただき150mほどのコースを一気に上から滑り降りて楽しみました(リーダーも)
降りる時はあっという間ですが、下からソリを引っ張って上がってくるのは大変でしたが、みんん何度も何度も繰り返し滑りました。
11時になり館内に入りフィルムケースで作る糸巻き車で遊びました。
最後の昼食にはみんなの大好きなラーメンやスパゲッティが出てきて大喜びでした。
楽しかった2日間も帰りの時間となり、所員の方々に見送られながら無事に帰ってきました。
また来年も行く予定です。皆さん楽しみにしていてください。



入所式を終えて楽しみの昼食です


本日のメインプログラムのかんじきハイク(着け方の説明)


道なき道を歩いてきました


ビーバースカウトお待ちかねのチューブのソリ(1回滑ったらやめられません)


何度も何度も滑りました


楽しかった夕べの集い


みんなで新聞紙をちぎって投げあいました


9時を過ぎて就寝時間です


2日目の朝のつどいでのラジオ体操です


大きなツララをもってポーズ


雪上ゲーム


ゲレンデでの記念撮影


やっぱりソリが一番楽しそうですね


国少立山といえばチューブのソリですね


フィルムケースで作った「糸車」


お昼ごはんにはラーメンやスパゲッティも出ましたね


所員の人に見送られて帰りました(ちなみにこのあとの言葉は「まっとっちゃ」)


戻る